千葉県介護支援専門員 こうづま 和弘@ヅマット NEWS

★千葉県介護支援専門員 上妻 和弘Webサイト☆ すべての命に希望ある未来を!人と自然に優しい明日へ

消費増税法案

  こうづま 和弘ホームページへようこそ! 
 目指すべき志がある!福祉の道一筋!一直線!!私たちの責任!明日への責任! 
    人と自然に優しい貢献! 命を大切にする未来へ
千葉県介護支援専門員・介護福祉士・介護事務技能管理士  こうづま 和弘

消費増税法案可決から一夜明けて

    皆さん、こん☆★わぁ〜こうづま 和弘です;^_^)  
 消費増税率を2014年4月に8%の引き上げに翌年2015年10月には10%の引き上げる消費増税関連法案が衆議院本会議で363票賛成【白票】96票反対【青票】で賛成多数で可決されて一夜明けた今日の紙面には賛成した議員と反対した議員らのコメントが掲載されていました。 
  千葉県内で反対した議員は、4人でいずれも『マニフェストを守るべきだ』という意見や『増税すべき時期ではない』 などコメントが寄せられていた。
・黒田 雄議員・岡島 一正議員・金子 健一議員・水野 智彦議員
  また、反対するであろうと思っていた議員も賛成していたことが以外でした。
  今回の反対票を投じた議員の一人ひとりが政治信念と自らの意思で国民との約束を固く守ったというふうな印象で、賛成した議員は党に沿っただけの賛成にしか思えない。
  今後、私は賛成した議員に説明を求めたいです。
特に増税を何故今なのか?低所得者への対応も決めないまま採決に賛成したのか?
 また、マニフェストから反れた理由について
当時、『ガソリン値下げ隊』と称して旗を掲げてチラシまで配ったのにも関わらず、実現出来なかった理由が聞きたい。
 チラシを配って呼びかけたあの日に一員としていた私としては、この説明を聞かなければ納得できない部分も多々あります。
 公務員制度改革でも人件費を2割削減7.8%削減しただけで、2年間限定措置という中途半端なやり方に納得いかない

消費増税法案可決

   皆さん、こん☆★わぁ〜こうづま 和弘です(・д・)
  今日の午後、衆議院本会議において、消費増税法案が可決されました。    政府与党の民主党・自民党・公明党・国民新党が賛成多数で可決されました。  
  投票総数459票賛成【白票】363票反対【青票】96票という結果となり、57人が反対票を投じて15人が棄権叉は欠席した議員を合わせると72人が造反したことになります。
  民主党内で二分していた消費増税反対派の議員ら57人が反対票を堂々と投じたこと。  
 岡島一正衆議院議員と橋本勉衆議院議員も反対票を投じました。  
 私は、政治信条に則って、反対票を投じた議員の意思を尊重したいと思っています。 
  国民との約束したマニフェストとは違って消費増税に先行した民主党執行部は勿論、政府側の民主党に私は説明責任を果たすべきだと思います。 
   低所得者への対応はまだ決まっていない中で可決したことは問題があって順序を踏まないで法案だけを先行したというふうに思います。  また、消費増税に反対した議員を野田総理は厳正な処分を行うとしていますが、そういう処分は適切ではないし、すべきではないと思います。  
  これから民主党はどういう道を進もうとするのかは、今後の民主党しだいでは解散総選挙か、過半数を割り込んで野党になるのか…。  今日の消費増税法案が可決されてしまったことにはショックでした☆=>=>=>(+_+。)

消費増税法案可決へ

   皆さん、こん☆★わぁ〜こうづま 和弘です( ・_・;) 
 明日の衆議院本会議にて消費増税法案が可決されて、参議院に送られて可決した場合どうなるか。 
  2014年4月から消費税が8%で翌年には消費税は10%になります。  家計負担に大きな影響を与えることは間違えなく、中小零細企業の経営にも影響はあります。 
  デフレ対策もなされないまま消費増税というのは理解出来ないし、やるべきことをやるべきだと思い続けてきましたが、衆議院で可決されようとしています。  
  消費増税に私は一国民として、反対です。

消費増税法案閣議決定の方向へ

     皆さん、こん☆★わぁ〜こうづま 和弘(・◇・)ノ
  野田政権は30日にも消費税率を14年4月に8%、15年10月に10%に引き上げる消費増税法案を閣議する見通しですが、連立を組んでいる国民新党の亀井静香代表は消費増税に賛成出来ないとして連立離脱を首相官邸に出向いて野田総理に伝えた。
自見金融相は署名する方向で、閣議に残る意志を表明しています。
 国民新党は、党の分裂という危機的状況にあるが、民主党も同様に小沢元代表を中心とするグループも法案に反対の意志を示しています。   党内には、数も多数あれば意見も多彩にあって、賛否両論になります。
そこをどうまとめるかで、党の方向性も変わってくると思います。
 閣僚がまとめることが出来なかった過去として、社民党の福島党首が普天間移設問題で、連立を離脱しました。
 今回も同じように国民新党が会派離脱という選択を選んだ情況は過去と何ら変わっていないと思います。
  ・こうした閣議決定をあなたは支持しますか?
  ・民主党を支持しますか?
 皆さんはどうですか?
プロフィール
みんなの声
QRコードでアクセス
QRコード
ヅマットな歩み
キューピークッキング
  • ライブドアブログ