千葉県介護支援専門員 こうづま 和弘@ヅマット NEWS

★千葉県介護支援専門員 上妻 和弘Webサイト☆ すべての命に希望ある未来を!人と自然に優しい明日へ

政治評論

  こうづま 和弘ホームページへようこそ! 
 目指すべき志がある!福祉の道一筋!一直線!!私たちの責任!明日への責任! 
    人と自然に優しい貢献! 命を大切にする未来へ
千葉県介護支援専門員・介護福祉士・介護事務技能管理士  こうづま 和弘

歴代内閣総理大臣

     総理経験者の言葉には重みを感じる〜こうづま和弘です☆彡
  これまで、歴代に渡り、内閣総理大臣を務めた総理経験者をお会いする機会がありました。どの総理経験者も言葉の一つ一つには力強さと説得力を感じました。
  一国の代表であり、日本の国を動かす重大な責務を果たすことは想像にもつかないくらいですが、国の問題や立ちはだかる壁に幾度もぶち当たることも多かったのではないでしょうか。  その中で、共通して言えることは幾つかあると思います。
一つには、決断力と二つには、牽引力があると思います。
他にも発言力や行動力もそれぞれ兼ね備えながらも我が国を動かしてきた総理経験者とお会いして貴重なお話しを聴かせて頂くこともありました。
NN_171204_0115NN_171204_0192
◆小泉純一郎元総理大臣【第87代〜第89代】
0a9278be.jpg
◆鳩山由紀夫元総理大臣【第93代】
RSCN2897
◆菅 直人元総理大臣【第94代】
DSCN2205RSCN3317
◆野田佳彦元総理大臣【第95代】
  どの人生においても前に進むためには決断が大切だということ。
この決断なくして、前進なし 日本の政治に必要なことは何かを一人ひとりの議員がしっかりと考えていくべきだと思いました。
  12月に小泉元首相にお会いしたのが直近の話題ですが、小泉元首相は、胸を張って掲げていることは『脱原発』を掲げています。
 鳩山元首相は、沖縄県普天間基地について、一貫して県外移設を訴え続けてきました。
菅元首相は、東日本大震災において、陣頭指揮を執り、被災した国の立て直しや原発問題などに取り組みました。薬害エイズ訴訟も認めたこともありました。
 野田元首相は、税と社会保障の一体改革について訴えてきました。議員定数を削減させ、税と社会保障の一体改革を進めるよう安倍総理に迫りました。
 歴代首相が掲げてきたことや日本に与えてきた取り組みは、今の日本の現状に繋がっていることは否定できませんが、少なくとも日本の将来を見据えて、取り組んできたことは確かであると思います。歴史は今もなお刻まれています。

小泉元首相、脱原発を語った!!

  小泉元首相、脱原発を語る〜こうづま和弘です☆彡
  今月4日月曜日に千葉市民会館大ホールにて小泉純一郎元総理大臣をお招きして、脱原発を語って頂きました。

小泉純一郎元総理大臣の講演会の様子がユーチューブでもアップされております。
  小泉純一郎元総理大臣と直接、お会いすることができました。
NN_171204_0115IMG_-ohzijp
小泉元首相は、東京電力福島第一原発事故について『安全第一ではなく、利益第一だった』と指摘した上で、当時の東日本大震災について振り返っていました。
NN_171204_0192NN_171204_0277
  震災で起きた事故についても『事故というものはすべて想定外で起こる』と述べた上で、再生可能エネルギーとして、太陽光・風力・水力・など自然を活かした活用を推進すべきであると訴えていました。
  元首相ということあって、説得力もあり、解り易く語ってくれました。
小泉元首相は、僕に『わかりにくいことを言うのは政治家じゃない』とご教授下さったことがありました。子どもから大人まで誰が聴いてもわかるように語っておられて、ご教授下さった内容をそのまま体現して下さった小泉元首相でした。
  千葉市へ来葉してご講演頂き、本当にありがとうございました☆彡

立憲主義を取り戻す!!〜パート1〜

       立憲主義を取り戻すために頑張ります〜こうづま和弘です☆彡
  衆議院議員総選挙の公示まであと4日に迫りました。
 今回の選挙は、国民の為の立憲主義を取り戻すことができるかどうかの選挙ではないでしょうか。立憲主義とは何かを枝野幸男代表は、街頭で訴えています。
 
立憲主義を何故、取り戻さなければならないのか、是非聴いて欲しい。
IMG_-vhma27
立憲民主党は、理念も政策も決して、曲げることのない政党です。

民進党の原点はここにある!

       立憲民主党には民主党の原点がある〜こうづま和弘です☆彡
  民進党が事実上の分裂が起きてしまいました。
  
選挙の強さもあるかも知れないけど、どういう基準で選んだのか解りませんが、希望の党へ移籍して公認を得た民進党前衆議院議員も参加していて、一方で、立憲民主党へ行く人もいますが、人それぞれなのかも知れません。
IMG_cv5owjIMG_wtnccd
  希望の党と立憲民主党の対照的に違うのは、憲法改正か護憲かである。
それだけではありませんが、もっと言うなれば、政治信念を曲げるか真っすぐなのかの大きな違いがあると思います。
  当初、民進党としての立場では、安保法制白紙を求めてきました。訴えてきました。
しかし、希望の党公認となれば、安保法制白紙撤回をするならば、公認しますという考え方に了承した前議員がいます。
IMG_cvkq1kIMG_3ob6fp
  皆さんに問いたいのは政治家が一つの政党で訴えてきたことを方針転換して、白紙を撤回することは政治信念或いは、理念を曲げていることに値しないだろうか。
  民進党では戦えない。だから希望の党なら戦えると考えたのか、小池旋風に乗れば当選出来て、安倍政権に歯止めを掛けるために公認を得るという考え方について、私は手法が違うのではないかと思います。
  希望の党へ行った前議員の人たちを思うと、私は、訴えてきた信念を曲げてしまわれたのかなぁ〜と思ってなりません。
  きれいごとを言っている訳ではありません。
IMG_-vhma27IMG_-59ildz
 政治家は、信念を曲げてまで政治をやってはならないと思っています。
今回、希望の党公認で衆院選に出馬される方には、選挙戦で共に闘うことは出来ません。  共に闘うのであれば、私は、『立憲民主党』公認候補予定者と共に声を挙げたいと思います。

民進党代表選挙、枝野氏に一票投ずる!

    蓮舫代表辞任に伴う代表選挙について〜こうづま和弘です☆彡
  9月1日に開票される民進党代表選挙において、私は責任持って一票を投じました。
今回立候補しているのは…。
・前原誠司衆議院議員
・枝野幸男衆議院議員

の2名による一騎打ちとなっています。
 代表として選ばれるのは、この2名のいずれかが代表として選任されることになります。
私としては、もう少し立候補者が居ても良かったのかなぁ〜と思います。
それぞれの政策と民進党が未来をどう描き、国民に示すのか重要となるのが代表選挙であり、支持率も低い水準にあることから国民の信頼を築いていかなければなりません。
◆代表選挙に枝野氏に一票を投じました
  今回立候補している両名の中から政策などを吟味した結果枝野幸男衆議院議員を責任持って投じさせて頂きました。
IMG_-1s2mdcIMG_5vcbwg
投じた理由は、『消費増税をするべきではない』という点で一票を投じました。
 労働者の収入には、アベノミクスの恩恵を受けていない企業のほとんどや利益が平行している企業では収入が増えたという企業は少ないのではないでしょうか。
  私も介護の現場で働いていますが、実際に介護職員の処遇改善がなされた実感はあまり感じられていません。
  そもそも消費増税は、5%8%に増税しました。増税によって働く人たちの収入が上がった訳ではありませんし、むしろ年金や保険料【健康保険・雇用保険など】や住民税と所得税はどんどん上がる一方で、財布の紐がきつくなる一方です。
  法人税を下げておいて、消費税などは2段階に分けて増税させていくとしている前原氏には投じることが出来ません。
  もう一つは、東日本大震災において、当時指揮を執った菅直人元内閣総理大臣【左】とともに官房長官として対応したのが枝野幸男衆議院議員【右】でした。
RSCN2897FSCN1888
  被災されている被災者や被害拡大を防ぐべく迅速に対応を図った枝野幸男衆議院議員に一票を投じるべきであると考えました。
復興はまだ完全に終わった訳ではありません。原発再稼働問題についても廃炉にしなければならない課題なども含めて、代表として取り組んで欲しいと思いました。
  代表選挙は蓋を開けてみないことには解りませんが、枝野幸男衆議院議員を応援しています。頑張って欲しいと思います。

数の力があれば何でもできる

     皆さん、こん☆★わぁ〜こうづま和弘です
  今、国会が大荒れになっていますね。
 徹夜の国会になるであろうと言われていますが、今国会で会期末を迎えようとしています。そんな国会で、『共謀罪−テロ等準備罪−』が参議院法務委員会での採決を省略して、参議院本会議で中間報告を行い、採決を図ろうとしています。
308cd519.jpg
  安倍政権がこれまで強行に採決を行ってきた法案は多くあります。
^楕欖慙∨^
公的年金改革法案−通称:年金カット法案−
TPP関連法案
げ正教育基本法案
グ緡邸Σ雜鄙躪臻^

等々、自民党・公明党・日本維新の会が数の力によって推し進めてきた法案で押し退けてきたもので、国民からの理解も得られないままでの採決に踏み切ったものと受け止めています。  共謀罪も数の力で押し退けられてしまうのでしょう。
森友学園問題も加計学園問題も明らかにせず、早く国会を閉じてしまおうとするやり方も姑息な手段であるというふうに思います。
 金田勝年法務大臣が答弁しようとしても安倍総理や法務副大臣が挙手した手を取り下げようとする場面を見ても普通じゃありません。
  都議選を控えて、一気に早く済ませてしまおうとしていますが、このまま共謀罪は強行採決されてしまうのでしょう。
  今の国会は本当におかしいと思うに他なりません。
最後に義家弘介文部科学副大臣の答弁する姿などを見て、ヤンキー先生の面影もなくなって官僚や与党政権保護で言いなりになった姿ががっかりです。

千葉市長選挙ネット討論会について

◆千葉市長選挙ネット討論会
  今月17日夜18時50分〜19時半まで幕張本郷駅で駅頭後、自宅に帰って21時から行われた日本青年会議所が主催した千葉市長選挙ネット討論会を視聴させて頂きました。
立候補している二人の候補者から様々な課題やコーディネーターからの質問や候補者同士の質問など幾つかの質問を通して、それぞれが政策を競いあったり、千葉市が抱える課題や問題に対してどのようにして取り組むのか今後のビジョンを展開していました。
imageimg066img067
今回の討論会を見ていて率直な感想をちょっと触れておきたいと思います。
  『千葉市は、「国際観光・地域振興・税収」の期待から、幕張副都心でのカジノ構想を描いています。』と大野氏のリーフレットに記載されていることについて、昨日の討論会でくまがい候補は大野候補に質問として挙げました。
  『千葉市がカジノ誘致に手を挙げているのではないか』という内容で、実際のところは千葉市はカジノ推進ではないのですが、あたかも推進している千葉市というように大野候補はあちらこちらで訴えていることについて、『嘘ではない』と反論していましたが、そうでないならもっと具体的な根拠を挙げて反論して欲しかったです。見苦しい反論に見えてしまいました。
◆財源も見えぬまま良いことづくし
   今回、大野候補の目玉政策となっている国保料の引き下げと学校にエアコン設置について、コーディネーターやくまがい候補からも財源はどこから充てるのか質問に挙がったのに対して、大野候補の回答は、具体的な回答がなく、出た回答が『大型公共事業を中止または凍結によって財源は浮かせられる』ような回答も出た。
  実際のところ、これだけの見直しや計画を廃止にしたからと言って、国保料の値下げやエアコン設置の予算に充てきれるものではありませんが、何とも言えない見苦しい回答でした。
  最も具体的な財源を挙げて欲しかったのですが、そこが無かったのが、残念でした。
聞こえの良い政策だけではなく、理想論でなく、現実的で建設的な政策と安定性が大事だとおもいます。二人の候補者から挙げられた政策を聞いてみて、大差があったなぁ〜と感じました。

あと3日後には千葉県知事選挙告示へ

       千葉県知事選挙について〜こうづま和弘☆彡
  あと3日後の9日に告示される千葉県知事選挙について、立候補を予定している3人の候補予定者は各地で集会や演説などを行っているようです。
  立候補を予定しているのは、現職の森田健作知事・角谷信一元高校教諭・松崎秀樹元浦安市長の3名が名乗りを挙げ、活動を展開しているようです。
image
今回の知事選挙については、政策面について新鮮味が欠けるものがあり、松崎元市長や角谷元教諭など知名度が極めて低い中での選挙戦に突入しようとしていますが、知名度上げに期待も微妙なことから、今回の知事選挙は静観し、ぎりぎり投票所で自主的投票する考えです。
  民進党は、自主投票という判断で、特定の候補予定者を表立って呼びかけるなどの活動は行わない考えで妥当な判断であろうと思います。

国政で声を形にしている山尾代議士の予算委員会

        国民の声を形に〜こうづま和弘☆彡
 国民の声を国会の予算委員会で質問している山尾志桜里衆議院議員に注目しています。保育所利用を申し込んだお母さんから申し込みの審査で落ちてしまったという切実な声が寄せられて、議員会館にお母さん方が集まって、山尾代議士に声を届けて欲しいという想いを受け止め、国会の予算員会で質問に立った様子についてユーチューブでもあげられています。
山尾志桜里政務調査会長山尾志桜里衆議院議員と東京にてお会いしました。

待機児童問題について切実に訴え、安倍総理が答弁している様子です。
 民進党は、待機児童の解消に向けた緊急提言を提出してきました。
待機児童問題は時間をかけて解消することではなく、早く解決しなければならない課題であり、民進党は訴え続けてきました。
  山尾代議士が予算委員会で質疑している様子をご覧ください。

「小池旋風」×「野党共闘」〜前編〜

       期待できるか否か〜こうづま和弘☆彡
  2月5日に行われた東京都千代田区長選挙において、小池東京都知事が支援した千代田区長現職の石川雅己氏が自民党新人の与謝野信氏を3倍の差をつけて圧勝しました。
  小池旋風によって、自民党に大差をつけたと報じていますが、その通りと言えばそうとも言えるでしょう。千代田区民が選挙に関心を持ったのも投票率の高さでも結果として示されている。
image
  投票率は、53.67%で、前回と比べて11.40%も増えたことが大きな関心を示した数値であることも明かになっています。
  では、区民であり、都全体として都民は小池知事に何を期待しているのでしょうか。
‐池知事の都民ファースト
都民が決める。都民と進める。東京の未来。小池知事が都民に対する考え方
東京大改革への期待
・上記にもあるように都政の透明化
・オリンピック及びパラリンピックの関連予算・運営の適正化
・行財政改革の推進
・都知事報酬の削減
・特区制度の徹底活用

以上が示す小池知事の政治姿勢について都民が期待していると思います。
 こうした期待感が、7月の都議会議員選挙に大きな影響を与えるのではないかと思います。

プロフィール

ヅマット

上妻 和弘【こうづま かずひろ】
ペンネーム:ヅマット・カズ・ヒロ・ヅマちゃん
生年月日:1983年3月千葉県市原市生まれ
元市原市不法投棄監視委員(2期)いちはら八幡宿コミュニティー代表
いちはら市民ネットワークで5年間活動し、内1年間運営委員として携りました。
橋本勉前衆議院議員秘書を経て三井みわこ千葉市議会議員(中央区選出)後援会青年部長。
介護事務技能管理士を取得【2013年】
介護福祉士国家資格取得【2016年】
介護支援専門員実務研修受講試験に合格!!
家族構成:一人暮らしで亀2匹と暮らす。
趣味:切手硬貨紙幣の収集・散歩・ペットを飼う・ボランティア活動!今では、ボランティアから市民活動へ
 詳しくは『ヅマ〜ットなプロフィール体験記』にクリック☆  
☆誰もが安心に支えて暮らせる社会へ全力投球☆
活動域は:市原市・千葉市を中心とする県内外の活動地域

みんなの声
QRコードでアクセス
QRコード
ヅマットな歩み
キューピークッキング
  • ライブドアブログ