皆さまこん☆★わぁ〜こうづま和弘です。
 2019年は統一地方選挙や参議院議員選挙があり、まさに選挙の年となります。
     今日のヅマットニュースは、選挙のルールです。
選挙が近づくと立候補を予定して活動している人もちらほら見かけるようになります。
  そうした中、駅や街頭でのぼり旗を掲げてチラシを配布している人もいますが、活動のルールではここまではそう違反という部分では該当しないのですが、問題は、タスキ(襷) つけている人についてルールが定められています。画像参照。
Screenshot_2019-01-05-09-15-02FB_IMG_1546647712473-1
タスキで定めるルールの中でも「本人」 または、その立候補予定者が掲げるスローガンの記載されたタスキは問題ないのですが、名前を記載してあるタスキは本来、選挙前に掛けてはならないものとされています。上記のようなものは事前運動になります。
  特定の候補予定者と判断される氏名タスキは違反になります。
総務省も呼びかけていますが、こうしたルールを守ってもらえるようにするには、市民の目線が大切です。こうした選挙前の違反を見かけた場合はお住まいの市町村選挙管理委員会にお問い合わせ下さい。