皆さん、こん☆★わぁ〜こうづま 和弘です;^_^)  
 消費増税率を2014年4月に8%の引き上げに翌年2015年10月には10%の引き上げる消費増税関連法案が衆議院本会議で363票賛成【白票】96票反対【青票】で賛成多数で可決されて一夜明けた今日の紙面には賛成した議員と反対した議員らのコメントが掲載されていました。 
  千葉県内で反対した議員は、4人でいずれも『マニフェストを守るべきだ』という意見や『増税すべき時期ではない』 などコメントが寄せられていた。
・黒田 雄議員・岡島 一正議員・金子 健一議員・水野 智彦議員
  また、反対するであろうと思っていた議員も賛成していたことが以外でした。
  今回の反対票を投じた議員の一人ひとりが政治信念と自らの意思で国民との約束を固く守ったというふうな印象で、賛成した議員は党に沿っただけの賛成にしか思えない。
  今後、私は賛成した議員に説明を求めたいです。
特に増税を何故今なのか?低所得者への対応も決めないまま採決に賛成したのか?
 また、マニフェストから反れた理由について
当時、『ガソリン値下げ隊』と称して旗を掲げてチラシまで配ったのにも関わらず、実現出来なかった理由が聞きたい。
 チラシを配って呼びかけたあの日に一員としていた私としては、この説明を聞かなければ納得できない部分も多々あります。
 公務員制度改革でも人件費を2割削減7.8%削減しただけで、2年間限定措置という中途半端なやり方に納得いかない