千葉県介護支援専門員 こうづま 和弘@ヅマット NEWS

★千葉県介護支援専門員 上妻 和弘Webサイト☆ すべての命に希望ある未来を!人と自然に優しい明日へ

2017年09月

  こうづま 和弘ホームページへようこそ! 
 目指すべき志がある!福祉の道一筋!一直線!!私たちの責任!明日への責任! 
    人と自然に優しい貢献! 命を大切にする未来へ
千葉県介護支援専門員・介護福祉士・介護事務技能管理士  こうづま 和弘

衆院選について

  衆院選での立ち位置について〜こうづま和弘です☆彡
衆議院が解散されましたが、正直、あ〜ぁとうとう解散したんだなぁ〜という気持ちです。
  前回の衆院選では、一生懸命活動してきました。
TJ_141213_0060
・政権交代で、日本が変わる期待。
・社会補諸制度の抜本的な改革。
・厳しい暮らしから優しい暮らしに変える。

その想いで必死に活動してきましたが、『希望の党』が誕生して、前原民進党代表は、合流してでも政権交代を果たすという考え方について、私は、節操がないというふうにも思えてなりません。
  民進党独自性が失われた形ではないかというふうに思うところもあります。
名を捨てて実を取るという前原民進党代表の発言には、疑念を持ってなりません。
  自民党の国会議員からは、『身売りしたんじゃないか』というふうにも言われています。
そう言われても仕方ないのかぁ〜と思っています。
  希望の党は、安保法制白紙撤回を述べられましたが、これを了とするならば、自民党とそう変わらないと思っています。
  つまり、民進党が希望の党へ行くということは、安保法制白紙撤回を了とするということは、当時反対していた民進党の動きそのものを撤回するという考え方に節操の無さを感じます。  政権交代で何でもありなら、民進党と戦っても意味がありません。
いや、民進党はもう無いんですよね。解党、解党。
  もうどこに投票して良いのか解らなくなってきているのも正直なところです。
今後の衆院選については、様子を見つつも選挙戦に関わらずに静観していく方向で考えていきたいというふうに思います。

政治は一寸先は闇

     政治は何が起こるのか解らない〜こうづま和弘です☆彡
◆民進、希望と合流
  ついこの間、行われた民進党代表選挙で代表として選出された:右:前原誠司衆議院議員が次期衆議院議員総選挙・解散【10月22日投開票】に無所属で立候補することを表明したニュースを見て、驚きました。
9289166c4ed4cb7b2d1dce429541946f_tn608
  極秘で、小池百合子都知事と前原誠司衆議院議員が会談したそうです。
 『希望の党』と『民進党』との合流しようがどうしようがもうどうでも良いし、私が思うのは、政党なんてあくまでも受け皿に過ぎないという考え方は、今も変わりません。
  今度の衆議院議員解散総選挙で、有権者がどう判断されるかではないでしょうか。
有権者がありのままの目で、率直に投票することであって、結果がすべてだと思います。
  反自民党の受け皿になるかは別問題にあると思っています。
自民党に投じたくない、でも、野党にも投じたくないという人は選挙に行かないのです。
  どこかに投じなければならないものでもないし、投じなければそれまでです。
◆はしごを外された格好
   自民党千葉県連に比例単独で公認申請していたT元衆議院議員に対して、党本部へ公認申請しないことを決めたことが明らかになりました。
   これについて、私が思うのは、公認から外された経緯はよく解らないけど、おおよその予測は考えられます。そもそも外れるような要因はどこにでもあっただろうと思います。
  T元衆議院議員は、政党間を渡り歩いていたという経歴がある。
一つや二つの政党に留まらず、三つ四つ程に渡って政党間を渡り歩いたという経歴が汚点と見られてしまったのではないかと思います。
  あちらこちらを渡り歩くようでは、信用性も疑われかねない要因になり得るのです。
今回、自民党からの単独公認申請が却下されたとなると町中に貼られているポスターも張り替えなければいけなくなります。
 そもそも町中にポスターが貼られているのだが、今回却下された政党名が堂々と大きな字で書かれているのです。
  公認されてから掲載すれば良かったのに掲示されているので、ある意味フライング状態になった格好ですが、公認申請却下によってはしごを外された格好です。
  政治は何が起こるか解らないからこそ一寸先は闇であり、生物ではないでしょうか。

衆院選10月22日投開票

     大義なき衆院選の日程決まりました〜こうづま和弘です☆彡
  安倍総理大臣は、首相官邸で記者会見を行い、衆議院を今月28日に解散し、10月10日火曜日公示、10月28日日曜日投開票の日程で衆院選を行うことを明らかにしました。  今回の衆院選について私は、明らかに国民の方を見ていないと思っています。
 何故そう思うのか、それは何を問いたいのかが不明確であるからです。
今深刻化している北朝鮮問題は勿論、仕事人内閣が発足して間もない中で、仕事をしていないのに解散し、選挙で戦うという意味も解りません。
 仕事人内閣ではなく、仕事しない【仕事し内閣】かくではないだろうか。
  北朝鮮問題も深刻化している中で、行う必要性はなく、ミサイルがいつ発射され、日本上空を飛んでいる以上、落ちてくるか解らない中で、解散総選挙を行うことはないと思っています。
  任期を残したまま、解散を早めてまで行う必要のない衆院選に国民からも困惑を隠せない人もいました。私も投票するにあたって、違和感を感じずにはいられないと思います。
0fe3c518.jpg投票率はもっと下がる可能性も感じている。
大義なき衆院選だからこそ、投票へ行く意味が感じられないという国民も多く、どこに投票して良いのかも解らない中で、政治への期待も薄い。
  国民に何をどう伝え、訴えていけば良いのかも解らない中での選挙になりそうです。
政治に関わり、選挙戦でも様々な訴えをしてきた立場としても複雑な心境です。

大義なき衆院選に迷惑

   大義のない選挙に憤りを感じる〜こうづま和弘です☆彡
 大義なき衆院選に何の意味があるのか…。
任期も1年余り残して、衆議院で冒頭解散に踏み切る安倍総理大臣は、国民に信を問う前に国民のことを考えての解散なのか、考えても考えなくても明らかに国民のことを考えていないのではないかと思っています。
  民進党に離党者が続々と現れて、弱っている最中で、小池新党も立ち上がる前に選挙を行い、自民党の勝算を考えた時に今なら解散すれば勝てると思っているのでしょう。
  冒頭解散のせいで、予定も潰れてしまう人も…。
議会中の地方議会であったり、地方議員の中にはバーベキュー大会や後援会のイベント行事であったり、選挙が重なってしまう等、それぞれの予定に響くことも少なくない。
  私もプライベートな予定も活動も選挙に差し掛かることで、予定をキャンセルしたり、変更しなければならないことも多いのです。
  今、ここで選挙を行ったところで、何の意味があるのでしょうか…。
308cd519.jpg
民進党は議席をどの程度獲得できるのか、考えても難しいと思う。

身近に解り易さも大事かな

    市川市改革は身近で解り易さが大事だと思う〜こうづま和弘です☆彡

  11月19日に告示され、26日に投開票される市川市長選挙に立候補記者会見を開き、表明した高橋亮平さんの活動を支援に行ってきました。
RSCN3580IMG_-ns65yg
  高橋亮平さんの市川市への想いを持ち、市政改革につなげようと活動されています。
IMG_-rms34cIMG_-ncjricIMG_bd2hbe
活動では、スーパーや団地の中心部や駅前などで街頭演説を繰り返し行いながら地域を廻るなど精力的に活動されています。
  現在配布している政策チラシは、『待機児童問題について』の内容でお配りしていますが、付け足して言うなれば、待機児童問題だけでなく、福祉や医療は勿論、環境問題や市の財政政策なども上手に政策提言出来ればなぁ〜と思いました。
  また、市川市民一人ひとりが有権者なので、市民お一人お一人に解り易さが必要なのではないだろうか。
  高橋亮平さんが政策チラシにこう記されているページがあります。
『政策形成は「エビデンス(根拠)」と「アウトカム(政策成果)」が大事』と記されている。
  エビデンス?アウトカム?ってなぁ〜に?って子どもや高齢者からしたら聞かれることもあるでしょう。つまり、専門用語的な語句を引用してもパッと解らないのではないだろうか。
  私も介護支援専門員として、家族に説明をしたり、御本人に説明をしたりしますが、介護の専門用語を言われても解り辛さが出てしまうので、説明する際は専門用語は用いないように解り易く簡潔に説明を行うよう実務研修でも教わりました。
  専門性が高すぎる故に専門用語を用いてしまうのは、一般的な感覚よりも専門的な感覚になりがちになってしまうのではないかと思ってしまいます。
  高橋さんは人柄としては、決して悪くないのかも知れないけど、まだまだ補え切れていない部分も見え隠れしているけど、補え切れていない部分をどう補えるかである。
  まだ対抗馬が薄っすらしているだけに組織力の強い対抗馬が現れれば、市長選挙にも大きな影響が出ることは間違いないだろう。
  あとは、市川市民としての考え方一つで未来の市川市が変わることになるでしょう。

大義のない選挙をやることの意味がわからない

      解散総選挙について〜こうづま和弘です☆彡
  大義のない総選挙が段々近づいてきました。
 何のために衆議院選挙を行うのか、全くわからない選挙をやろうとしている。
今までの選挙とは違って、今回の選挙は大義のない選挙だけにやる気もいまいちです。
 自民党も民進党もよく解らなくなってきたというのもある。
民進党が自民党に勝てるのか、そう聞かれると『どうなんでしょう〜ね』と答えるだろう。
  民進党から離党して、小池都知事と若狭衆議院議員・細野豪志衆議院議員が立ち上げようとする新党に合流しようとしている議員もいるが、新党の党も出来てないのに理念も政策も解らないところへ行って衆議院選挙で戦おうとする勇気が凄いと思う。
  ある意味感心します。新党に行けば勝てるだけのものがあるのだろうか…。
私からすると流行りに飛びつく肉食系にしか見えない。
 一方で、自民党は社会保障費を確保するという政策が含まれるそうですが、私にはどうも微妙なところです。もっと前から社会保障費は手厚くできたでしょう。
  今回の選挙で、思うことがある。
 今まで選挙となると誰かしらの支援をしてきました。
ただ、人柄をより鮮明に見えてしまうだけに支援する気持ちも落ちてしまうことも…。
  選挙で手伝って欲しいときだけお願いされる。
選挙が終わってしまえば、何事もなかったかのように…。
  まるで困った時だけ神頼みのような…。手伝ってくれと言わんばかりに…。
今回の衆議院選挙で、そういう人には支援しても体力だけが消耗してしまうだけに終わってしまうのも勿体ないので、自力で頑張ってもらいたいと思います。
imageimageimage
  私は政治に対する厳しいスタンスは変わりません。

9月も中盤から終盤へ

     9月は中盤から終盤へもうすぐ10月へ〜こうづま和弘です☆彡
  9月というと色々あった月とも言える。
 一つは、退職を決意したこと。
二つには、安心・安全性とは何か考えるきっかけとなったこと。
幾つかある中で、最も挙げることの二つが挙げられる。
◆退職する決意について
  これは、9月11日付けのブログにも掲載しております。
腹を据えて覚悟の決意を一歩として踏み出す形で、退職することとしました。
どういう人生を歩んでいくのか、未来を見据えて考えた末の決断であり、一日一日が大事。
image
私が資格を取得した際に頂いた名刺ケースは、介護支援専門員として働くと決めた時に使うんだぞということで、尊敬している講師から頂戴しました。
  この名刺ケースを使う時がついにやってくるのです。
◆安心・安全に暮らすこと
  9月は防災月間でもありました。
RSCN3518IMG_-tohosd
  いつ来るかわからない震災に備えておく大切さを九都県市合同防災訓練に参加して、改めて考えるきっかけになりました。
imageimage
歳をとっても暮らし続けたい街、誰もがいつまでも安心して暮らせるようにするにはどうしたら良いのか、改めて考えるきっかけになりました。
  安全で安心して暮らせるように日々考えながら、活動していきたいと思います。

応急処置

    転倒してケガをしている人がいたらあなたは…こうづま和弘です☆彡
  夜、ヨドバシカメラ千葉店に買い物を済ませて、近隣にあるマクドナルド千葉富士見町店で晩御飯を食べました。
  ご飯を食べ終えて、店の外へ出たら、路上で転倒してケガをしている人がいました。
中々起き上がれず、手引きで何とか起きれたものの足が覚束ない様子で、よろよろしていました。お酒の匂いがしたことから酔っぱらっている状態でした。
   3人組の男性の内一人が左頬に2cm程の切り傷があり、流血している状態で3人組の内もう一人がティッシュを渡して抑えているのですが、顔の周りが血だらけの状態になっていました。
IMG_hqiie5
  持ち合わせていた救急絆創膏セットに入っていた大きい『カットバンD』を頬に貼りました。
血が滲んでいましたが、流血は防げたので、このまま止血すれば良いし、早めに消毒するよう伝えましたが、その後、無事に帰れたのか解かりません。
  路上で倒れてケガをしている人や意識を失っている人が居たら、あなたはどうしますか?
私は、すぐに声をかけて、助けに行きます。
  困っている時、助けを求めている時、手を差し伸べることこそ支え合いなのではないでしょうか。一人の人間として、あなたならどうしますか?

選挙近し

           冒頭解散でもあるのか…こうづま和弘です☆彡
  今日の午前中は、地元の敬老会に行ってきました。
 地元選出の国会議員・地方議員も来賓として、出席されていました。
国会議員の秘書同士の話題は、『冒頭解散』が挙がっていました。
  今月28日に召集される臨時国会において、安倍総理大臣が冒頭にも衆議院の解散・総選挙に踏み切る調整に入ったという報道が流れました。
  もし、冒頭解散に打って出た場合、10月10日公示され22日投開票になる可能性もあるとの報道がなされています。
  今、解散に打って出れば、間違いなく、自民党は圧勝する可能性も考えられる。
何故なら、民進党が弱体化している今、ある意味でチャンスといえばチャンスなのかも知れませんが、新しい政治団体日本ファーストの会も立ち上がったとはいうものの具体的な理念も政策も未完成品で製造中のような状態にあります。
どうなるのか衆議院解散・総選挙…私は、政治に対する考え方やスタンスは変えません。
IMG_z2sfzfIMG_-4eki72
今日の午後は、11月19日に告示され、26日に投開票される予定の任期満了に伴う市川市長選挙に立候補を一番に表明された高橋亮平さんの活動を支援に市川市まで行ってきました。
  市川市の現職:大久保博市長は、12月24日の任期満了をもって引退することを表明しており、市川市長選挙は、新人同士の構図になりそうです。
 
高橋亮平さんとは、初めてお会いしましたが、市川市の未来を市民と共に描く政策に期待していきたいと思います。
  市川市長選挙の投票率は、低く前回の市長選挙では、21.71%で10人に2人しか行かない割合で投票率の低さも大きな課題にあります。
  市長選挙は、4年間の市政運営を評価し、課題にどう取り組むのか政策をしっかりと示して、市政のリーダーを決める大切な選挙です。
  市民に関心を持ってもらえるよう目に見えるような工夫が求められています。

未来へ着実に確実に誠実に一歩

     未来へつなぐ人生の一本道へ〜こうづま和弘です☆彡
  介護支援専門員としての業務を担うと決断して、少しずつゆっくりとその道へと進んでいます。焦らず、一つ一つ着実に進め、確実に段階を一歩ずつ踏んでいけるよう意識しながらも次の準備を進めていくべく、前進中
image前進あるのみです。
自らが『やる』と決めたからには、中途半端に終わらせるつもりはありません。
  取得した資格を活かせる場所で活かすことこそが、取得したことの大きな意味を持つと思っています。年々高齢者が増え続ける中で、介護支援専門員の数も足りない現状があり、介護福祉士や初任者研修【旧:ヘルパー2級】を取得した人も介護の担い手が減ってきています。
少ない現状だからこそ、私は介護支援専門員の業務に就くという貴重な尊い機会をしっかりと果たせるよう頑張って勉強を重ねていきたいと思います。
プロフィール
みんなの声
QRコードでアクセス
QRコード
ヅマットな歩み
キューピークッキング
  • ライブドアブログ