千葉県介護支援専門員 こうづま 和弘@ヅマット NEWS

★千葉県介護支援専門員 上妻 和弘Webサイト☆ すべての命に希望ある未来を!人と自然に優しい明日へ

2013年10月

  こうづま 和弘ホームページへようこそ! 
 目指すべき志がある!福祉の道一筋!一直線!!私たちの責任!明日への責任! 
    人と自然に優しい貢献! 命を大切にする未来へ
千葉県介護支援専門員・介護福祉士・介護事務技能管理士  こうづま 和弘

☆ハッピーハロウィン☆

    ハッピーハロウィンこうづま 和弘です
  今日は、ハロウィンということで、街中では仮装した人たちが歩いていて楽しそうでした。
 ハロウィンとは、キリスト教の聖人の祝日「万聖節」の前夜祭で、
古代ヨーロッパの原住民ケルト族の収穫感謝祭がキリスト教に取り入れられ、現在のハロウィンになったとされている。
  ケルト族の1年の終わりは10月31日で、この夜は死者の霊が家族を訪ねたり、精霊や魔女が出てくると信じられていた。これらから身を守る為に仮面を被り、魔除けの焚火を焚いた
DSCN0089DSCN0087
これにちなみ、31日の夜、南瓜をくり貫いて作ったジャック・オー・ランタン(お化けカボチャ)に蝋燭を立て、魔女やお化けに仮装した子供達が『Trick or Treat(お菓子をくれなきゃ、いたずらするぞ)』と唱えて近くの家を1軒ずつ訪ねる。家庭では、カボチャの菓子を作り、子供達はもらったお菓子を持ち寄り、ハロウィン・パーティーを開いたりするのです。皆さんは、お菓子を貰いましたか?

介護問題の背景〜加速する高齢化率〜

ブログネタ
おしごと日記 に参加中!
         高齢化率について〜こうづま 和弘です
   日本には高齢社会という現実があります。そして介護が必要な高齢者も増えます。
日本の総人口に占める65歳以上の人口が7%を超えると高齢化社会と呼ばれてきました。 1970年【昭和45年】に高齢化率が7.1%になり高齢化社会となりました。
 1994年【平成6年】には高齢化率が14%になり高齢社会となりました。
 2011年【平成23年】65歳以上の老年人口は、23.3%であり、今後も割合は増加し続けると予測されています。ちなみに21%以上で超高齢社会になります。
 2012年8月、厚生労働省の発表によると2012年の認知症高齢者数は305万人で老年人口の9.9%の割合で、今後2015年には345万人約10.2%、2025年には470万人約1.8%に達すると推計されています。
DSCN0074DSCN0093
  少子高齢社会は益々加速する一方で、これからの課題として安心して子育て出来る環境をどう創りだしていくか課題がある。高齢者が増える場合に認知症予防・介護予防に力を入れて介護を受けずに安心して老後が送れる環境づくりも重要になってきています。

川崎新市長に福田紀彦氏当選!

          市民の選択〜こうづま 和弘です
   任期満了に伴う川崎市長選挙の投開票が行われ、無所属新人で元神奈川県議会議員の福田紀彦氏が当選確実となりました。
DSCN0186DSCN0183
  阿部孝夫市長が任期満了となり、引退して後継候補として推されていた総務省出身の元市財政局長秀嶋善雄氏(44)は自民党、民主党、公明党の推薦を得ていたが、力及ばぬ結果となり、共産党推薦の君嶋千佳子氏も破れた。
DSCN0184DSCN0185
  何故、福田氏が当選できたのか???
 4年前の千葉市長選挙と似ている現象が起きたのではないかというふうに思います。
阿部孝夫市長は、経歴を見ると自治省に入省しており、後継候補とも言われていた秀嶋氏も同じく自治省に入省していて二人とも行政に関わっていたいわゆる官僚だったこと。
  千葉市もこれまで官僚出身で副市長(旧:助役)から市長になる構図が変わらなければならないという訴えが響き渡り、民間出身の市長として熊谷俊人市長が誕生しました。
  川崎市長選挙では、千葉市と同じように天下り的な構図を変えるべきという流れが起きたことによる結果だと思いました。
  福田氏は、前神奈川県知事の松沢成文参議院議員の支援を受けていた。
 当時、松沢成文参議院議員が知事を勤めていた頃に福田氏は政策スタッフとして支えていた経緯もあり、力強い支援を受けていた他にみんなの党や民主党の一部議員や無所属議員らが支持していたことも結果につながっている。
  川崎市のこれからとして公約に掲げられている中学校給食が始まることや介護保険料の値下げなど政策を川崎市にどう打ち出すかが手腕の見せ所になると思います。
開票結果は以下の通りです。
秀嶋善雄氏=13万9814票
君嶋千佳子氏=8万5475票
福田紀彦氏=14万2672票

心よりお見舞い申し上げます。

   心よりお見舞い申し上げます〜こうづま 和弘です
 今月は台風が襲来し、全国的に甚大な被害を受けられた皆様に心よりお見舞い申し上げます。
  今回の台風による被害の影響によって土砂崩れや河川の氾濫が起きて、避難を余儀なくされた地域もありました。
  住宅では、床上・床下浸水や家屋の倒壊など被害も大きく、復興に向けて見通しの立たないところもあるようです。
一刻も早い復興が求められる中で、今後の対策も重要になってくると思います。 同じような被害が起きないよう万全な対策を講じる必要があると思います。
  ・河川の整備
  ・山間部における山などの整備
  ・交通機関における対策
imageimage
  ・避難経路や避難先の再確認
  ・備蓄品の確保

 災害に備えておくことも大切です。

明日、川崎市の未来が決まる日!

     川崎市の未来が決まる日!〜こうづま 和弘です
  任期満了に伴う川崎市長選挙の投票が明日行われようとしております。
 今回の市長選挙は、3期12年に渡り、川崎市のリーダーとして務めてきた阿部孝夫市長が引退することになったことから新人3氏の争いとなっています。
  今日も川崎駅には立候補している3氏が演説をしていました。
最後の演説で追い込みを見せる新人の3氏が川崎市民にどのように訴えつづけたのでしょうか。 そして、市民にどう響いたのか。
元川崎市財政局長の秀嶋善雄氏(44)=自民・民主・公明推薦
元横須賀公共職業安定所
次長の君嶋千佳子氏(63)=共産推薦
元県議の福田紀彦氏(41)=党推薦なし
FSCN0182DSCN0071
秀嶋候補…自民党・公明党・民主党の推薦を受けている為、各党所属の国会議員や県議会議員・市議会議員らが一斉に駅頭に立ちました。
君嶋候補…日本共産党の推薦を受けている為、党所属の議員らが駅頭に立つ他、関係団体らがビラを配り訴えていました。
福田候補…前神奈川県知事の松沢成文参議院議員【みんなの党】が応援団長として支援しており、支持している無所属県議会議員らが街頭を廻っていました。
KIMG0928新川崎・創造のもり案内板
 川崎市は新興住宅地やマンションなどが立ち並ぶベットタウンです。
  川崎市の明日を決める市長選挙に棄権せず、有権者の意思を是非一票を投じて欲しいと思っています。川崎市長選挙は明日、即日開票されます。

下積みをする!

     自分を変えるチャンスこうづま 和弘です
  介護の現場で13年余り、人の土台となって支える縁の下の力持ちになれるよう日々頑張っていますが、まだまだ下積み修行が必要だと思います。
 介護福祉士の国家試験を控えて、勉強中ですが、これまでのやり方を根底から見直すと認識とは違う部分もあり、ゼロからの勉強し直しをしているような状態です。
  これまでの経験を今の現場でも活かすきっかけをいただいておりますが、このきっかけを無駄にすることなく、これからも活かす道を歩む決断をしました。
a933f35d.jpg04cba063.jpg
人と人が寄り添う社会の実現をめざすためにも私は頑張ります

電信電話記念日

        つながる話せるそれが電話〜こうづま 和弘です
   10月23日の今日は電信電話記念日です。

1950(昭和25)年10月23日に電気通信省(後の電電公社、現在のNTT)が制定しました。

1869(明治2)年9月19日(新暦10月23日)、東京〜横浜まで公衆電信線の建設工事が始まりました。
 固定電話から携帯電話が普及して以来、いつでもどこでもつながりやすくなりました。
それだけ便利になったということを誰もが実感したのではないでしょうか。そして公衆電話は減り、街中ではあまり見かけることも少なくなったと思います。
DSCN0091DSCN0086
東京都代々木公園に咲いていたバラです。
今やスマートフォンが普及し、携帯電話とは差がつくほど機能がついていてより便利になったと思います。

本音とは何か

        本音とはなんだろうか〜こうづま 和弘です
   今月17日のブログにも書きましたが、私はいつの日も本音で向き合えることを大切にしたいと思い続けています。
  本音とは、本来の音色本当の音色で、本心からいう言葉をさします。
 思っていることはちゃんと言えばいい当たって砕ければいい
a2db08a1.jpgb9dbf541.JPG
そう思っているからこそ、本当のことが言えるんだと思います。そして、本音で話し合って相手の気持ちや気心が知れればもっと良い付き合いが出来る気がするし、仕事ももっと円滑に進むと思います。上手くいかないんじゃなくて、上手くいくには本音で話す。
 助け合うことも本音とつながっていると思うからです。私は、本音で投げかけ合いたいと思います。

何事も決断一つ!

     何事も決断一つこうづま 和弘です
  昨日は、田嶋要衆議院議員の国政10周年記念パーティーが開催されました。 多くの支援者と共に10年間の国政活動を振り返りました。
パーティーには、野田佳彦前内閣総理大臣も駆けつけ、ご挨拶がありました。田嶋要衆議院議員は、千葉の要として、日本の要としても頑張っています。
  パーティーに駆けつけられた野田前総理大臣は、民主党政権で日本国の代表として内閣総理大臣を務められました。
 総理大臣として経験されたこと…それは、大切なのは『決めること』だったとおっしゃられていました。 責任を負って、決めることこそ、決断だということを経験されたことが感じられました。
IMG_4317
 自分の将来も同じようにこれから歩むべき道筋をつけるには責任を負って決めていかなければ前には進まないということです。
 私自身、これから何をすべきか決断する時に来ていると思います。

10年間の歴史

         初心を忘れず〜こうづま 和弘です
  今日は、民主党田嶋要衆議院議員国政10周年記念パーティーに行ってきました。
DSCN0178DSCN0158
田嶋要衆議院議員は、平成15年に衆議院千葉県選挙区第1区から初当選して以来、国政での活動も10周年の節目を迎えられました。
 昨年の12月に行われた衆議院議員総選挙でも民主党にとって本当に厳しい逆風の中で4期目を小選挙区で議席を勝ち取っての当選を果たされました。
  千葉1区から田嶋要衆議院議員誕生までの歴史をVTRで振り返りながら懐かしさを感じていらっしゃる方も多かったのではないでしょうか。
DSCN0132DSCN0143
民主党大畠章宏幹事長・直嶋正行元経済産業大臣よりご挨拶。
DSCN0140DSCN0136
熊谷俊人千葉市長・連合千葉黒河悟会長よりご挨拶。
 『千葉の要 初心を忘れず』を掲げ、国民の生活を守るため、益々のご活躍を心よりお祈り致します。
プロフィール
みんなの声
QRコードでアクセス
QRコード
ヅマットな歩み
キューピークッキング
  • ライブドアブログ