千葉県介護支援専門員 こうづま 和弘@ヅマット NEWS

★千葉県介護支援専門員 上妻 和弘Webサイト☆ すべての命に希望ある未来を!人と自然に優しい明日へ

2012年01月

  こうづま 和弘ホームページへようこそ! 
 目指すべき志がある!福祉の道一筋!一直線!!私たちの責任!明日への責任! 
    人と自然に優しい貢献! 命を大切にする未来へ
千葉県介護支援専門員・介護福祉士・介護事務技能管理士  こうづま 和弘

介護報酬の引き上げについて

    皆さん、こん☆★わぁ〜こうづま 和弘です(・∀・)ノ
  2012年度、介護報酬の引き上げなどに関する話題が上がっています。
というのも介護報酬改定があるからです。
  昨年12月21日に介護報酬を1.2%引き上げることが決まりました。
施設を運営する所では、0.2%プラスになり、在宅サービスを運営する所では、1.0%がプラスとされています。
  介護報酬が上がるからといって待遇が良くなるかというと微妙です。それは何故か
これまで支給されてきた【介護職員処遇改善交付金】が、介護報酬とは別に支給されていたものが、介護報酬の内訳として2.0%分として足される為、経営的な部分で見ると実質0.8%マイナスとなってしまいます。
  介護の現場で働く方からの声でも否定的な声も出ています。
施設を運営している側も交付金がなくなることで、職員の給与が減ることなど、影響を受けるという声も聞かれます。
  【介護職員処遇改善加算】の創設というのも、正直な目で見れば現状維持さえ厳しいのではないかという疑問を持ちます。
 民主党が掲げた2009年度のマニフェストで介護職員の給与を4年間で月額4万ん値上げという公約が本当に果たされるのかさえ疑問視する声も根強くありつつ、不安を抱えます。
  日本の介護福祉は、本当に大丈夫なのでしょうか

目が痛かった

   皆さん、こん☆★わぁ〜こうづま 和弘です(*゚▽゚)ノ
 昨夜は、目が痛痒くてたまらず、擦ったら透明な膜のようなものが水脹れになってしまいました(・_・、) 痛痒さも増して、このままどうなっちゃうのか不安でたまりませんでした。
 職場の先輩が心配してくれて【目を洗って、目薬をさすように】と声を掛けて【今日は早めに寝た方が良い】と気遣ってくれました。
  辛い時や不安な時でも気遣ってくれて、本当に身にしみるような暖かさに感謝です。
 おかげさまで一晩、休んだこともあり、昨夜のような痛痒さが治まり良かったです(〃'▽'〃)
 本当にありがとうございました_(._.)_

声を反映し、形にする大切さ

    皆さん、こん☆★わぁ〜こうづま 和弘です(*゚▽゚)ノ
 子育てに奮闘し、パートで働きながら家庭を支えているお母さん達とある公園で話す機会がありました。
   公園に子供を連れて、お母さん同士で井戸端会議をする日課は欠かせないというお話しの中で、子育てに関するお話しを伺うことが出来ました。
   子育てに関するご意見の中から得たことは、保育所の満員や小児科医療の少なさなどが挙げられています。
  また、子ども手当てについても『当時、掲げられていた支給額と比べて少なくいつまで貰えるのか不安だ』という声もありました。
   子育て中の親御さんの声とご意見を形にする政治を地方から創ることが大事だと思いました。
  安心して育てられる街づくりを地方から国へと広げて欲しいと思います。

救急医療問題

     皆さん、こん☆★わぁ〜こうづま 和弘です(^_^)ノ
 先日、ある事業所で働いている方が体調不良で倒れてしまい、救急車を呼んで病院へ搬送される事態がありました。
 救急車が到着して、救急車の中に運び込んだ後、受け入れ先の病院が決まるまでに約50分近く掛かりようやく発車したということがありました。
  受け入れ先が決まらなければ、救急車は動くことが出来ませんが、見つかるまでに容態は変化していきます。
   私の亡き母も当時、救急車の到着から搬送までに時間が大幅に掛かった問題を経験していきます。
 救急医療体制の見直しは勿論、緊急性の高い順序で判断していくことや病院との連携を図れる体制を改めて構築する必要性があると思います。

恵みの雨

   皆さん、こん☆★わぁ〜こうづま 和弘です(*゚▽゚)ノ
  今日から雨や雪が関東地方で降り始めていて初雪と言われています。
 千葉市美浜区では、沢山の雪が散々と降る中、幕張メッセにおいて私立市川中学校の入試試験が行われました。
 受験生にとってはこの冬で一番厳しい冬を迎えての試験となったのではないでしょうか。
 雪は一部地域の山間部では、積もる可能性もあるという予報です。 今まで乾燥していた時季が続いていたので、この雪やみぞれ混じりの雨が恵みの雨となれば良いなぁ〜と思います。

保育士も介護士も処遇改善が必要!

   皆さん、こん☆★わぁ〜こうづま 和弘です(*゚▽゚)ノ
 寒さ厳しい毎日が続いていますが、風邪を引かれたり、体調を崩されてはいませんか(?_?;
  今日は千葉市内にある私立保育所を訪ねました。
 千葉市内で保育所への入所を待つ待機児童数は昨年11月で443人も居る現状があります。
 待機児童の一人である保護者の方からは「保育所を増やして欲しい」という声がある中で、民間の保育所が抱える問題があります。
  それは公立保育所と私立保育所の処遇による格差です。
 公立保育所は公務員としての保障は手厚いだけに待遇も民間より高い。
 民間保育所で働く保育士の給与は19万5228円で、保育所長は25万3400円となっています。
 基本的に保育所は保育料と補助金で賄われて運営しています。
 介護士も保育士も専門職であるにも関わらず、待遇面では低い賃金であることは確かです。
  介護と保育の共通課題は
‖垉々睥霄圓搬垉〇童が居る現状。
介護士と保育士の低い賃金。
   待機者を改善していくには働く側の介護士や保育士の処遇を改善していくことです。
 支える側が、職離れによって担い手が不足してしまっては支えられる側を支えることはできません。
 こうした問題を解決しなければ、安心して暮らせる社会には程遠くなってしまいます。
  解決策を国だけでなく、地方自治体としても解決昨を見出さなければならないと思います。
 無駄を省いて、財源を福祉や子育てに最優先に充てる必要があると思います。

辰年ならぬ旅たつ年

ブログネタ
あなたが想像する2012年は? に参加中!
   皆さん、こん☆★わぁ〜こうづま 和弘です( ´_ゝ`)
 2012年、私の目標は『介護福祉士』取得に向けた取り組みを始めるということを公約に掲げています。
  取り組みが始まっていく中で、環境を創ることや学ぶ時間なども含めて考えています。
合間を持って勉強もしながら読み返す教科書とにらめっこ。
  頭も疲れるが、目標に向かうことなので、頑張ります。
今年は辰年ということで、自分自身の力を活かせる環境の中で発揮していきたいというふうに思っています。
 環境を創ることから目標への道を歩むためにも一歩、一歩前に向けて旅立つことも必要だと思いました。
  その一歩を前に進める為に頑張ります。

野田改造内閣支持より不支持が上手!?

     皆さん、こん☆★わぁ〜こうづま 和弘です(・◇・)
  今月13日に発足した野田改造内閣を取り上げたブログとして、今日は内閣支持率についてです。
  野田改造内閣で、あなたは支持しますか?
 新聞やニュースなどメディアが取り上げている野田改造内閣の支持率は、発足後も横ばいで大きく支持率が上がった訳でもなく、下がった訳でもありません。
  あるアンケート調査の調べによると、今回の野田改造内閣を支持すると答えた人は、100%中15%支持しないと答えた人は、78%を占めているという結果もある。
  わからない、又はどちらでもないと答えた人は6%で不支持が圧倒的にあることも感じられます。
  支持すると答えた人の評価で、岡田副総理の起用がプラス評価にあるようです。
 支持しないというの支持率低迷の原因として考えられることは、【消費税増税】【マニフェストの方向転換】【普天間基地移設問題】など幾つか挙げられますが、それらの原因が不支持率に関わっているというふうに思います。
  特に消費増税については、私も思っていることですが、議員定数を減らすことの他にも議員報酬を見直すことや無駄を仕分ける必要性を先ずやるべき課題ではないでしょうか。
 議員報酬を削減という一端ではなく、議員にとって必要な報酬はどれくらいなのか、議員報酬の使途はどうなのか見直すところはあるはずです。
  公務員の削減や議員定数の削減というところから踏み込むことだけを見るのではなく、見直すべき給与又は歳費などから中身を割って仕分けることではないかと思います。
  皆さんはどのように思いますか?

野田改造内閣で期待される岡田克也副総理!?

ブログネタ
野田佳彦内閣 に参加中!
    皆さん、こん☆★わぁ〜こうづま 和弘です( ´_ゝ`)
  13日に発足した野田改造内閣で最も期待されている新閣僚5人の中で、最も多いとされているのが、岡田克也副総理大臣です。
  副総理として様々な役割を担当する重要ポストと位置付けられています。
 岡田副総理が担当するのは、『行政改革担当』『社会保障・税一体改革担当』『公務員制度改革担当』『内閣府特命担当大臣』【行政刷新 「新しい公共」 少子化対策 男女共同参画】などの役割を兼務することになっています。
  行政刷新・公務員制度改革担当大臣:蓮舫参議院議員を退任させ、引き継ぐ形となっています。
  2番目に期待を寄せられている新閣僚では、松原 仁国家公安委員長兼拉致担当兼消費者担当内閣府特命担当大臣です。
  小泉内閣以来、解決し切れていない拉致問題ですが、拉致されて帰国することが出来ていない拉致被害者の帰国を求めて解決するべきだという声があります。
 松原 仁大臣は、テレビ朝日系列で毎週月曜日に放映されているテレビタックルでも松原大臣は、拉致被害について解決すべき重要性を最も訴えていたのが松原大臣です。
 期待を寄せられている新閣僚の2人は、今後の政策課題にどう立ち向かっていくのか手腕が試されようとしています。

野田改造内閣で最も力を入れて欲しい政策分野

    皆さん、こん☆★わぁ〜こうづま 和弘です(・◇・)
  13日に発足した野田改造内閣。
 野田総理は、内閣改造について『最善かつ最強の布陣』と強調しました。
岡田克也前民主党幹事長を副総理兼一体改革・行政改革担当相に起用することで、税と社会保障の一体改革を前進させる勢いで臨む姿勢が感じられるようにも思います。
  今後は与野党との協議を粘り強く要請することを強調し、消費増税法案を成立を目指す覚悟として不退転の決意としています。
  野田改造内閣で最も力を入れて欲しい分野について多くの方からの声が集まっています。
 ある世論調査では、『エネルギー政策』『外交と防衛』『環境対策』『教育・子育て』『行政改革』『景気と雇用対策』『経済と金融政策』『憲法改正』『原発事故対応』『財政再建』『少子化対策』『所得などによる格差是正』『震災復興』『政治とカネの問題』『選挙制度改革』『地方分権と地域活性化』『年金と医療の社会保障制度改革』『農林水産振興』『郵政改革』など多くの政策分野が挙げられます。
   これらの分野の中で、最も取り組んで欲しい分野で、『景気と雇用』です。  失業率の悪化や円高による物価の下落など多くの事情が続いたことによって景気は著しく悪化していたことが挙げられるのではないでしょうか。
 他にも『行政改革』では、公務員の給与削減や行政の無駄を省くことを求める声もあります。
『外交と防衛』については沖縄県普天間飛行場の移設を巡る問題が今も尾を引いている状態となっています。  県内移設なのか、県外移設とするのかは結論が出せないままです。
  政権与党で一番の課題とも言えるこの外交防衛問題を新しく就任した田中直紀新防衛大臣はクリアしていくのか注目の的とも言えるのではないでしょうか。
 野田総理が最も力を入れようとしている分野『年金と医療の社会保障制度改革』では、将来の年金受給には不安があるものの景気と雇用の建て直しを優先に進めていくべきではないかという声もあります。
  消費税の増税によって社会保障がしっかりと構築出来るかどうかは今後の手腕が試されるものと思っています。
プロフィール
みんなの声
QRコードでアクセス
QRコード
ヅマットな歩み
キューピークッキング
  • ライブドアブログ