千葉県介護支援専門員 こうづま 和弘@ヅマット NEWS

★千葉県介護支援専門員 上妻 和弘Webサイト☆ すべての命に希望ある未来を!人と自然に優しい明日へ

2010年05月

  こうづま 和弘ホームページへようこそ! 
 目指すべき志がある!福祉の道一筋!一直線!!私たちの責任!明日への責任! 
    人と自然に優しい貢献! 命を大切にする未来へ
千葉県介護支援専門員・介護福祉士・介護事務技能管理士  こうづま 和弘

5月31日何の日

(旧)郵政省設置記念日

1949(昭和24)年のこの日、逓信省が分離して、郵政省と電気通信省(後に電電公社、現在のNTT)が設置された。

郵便・郵便貯金・郵便為替・郵便振替・簡易生命保険の事業と電気通信の事務を行っていたが、2001(平成13)年の中央省庁再編により、電気通信事務は総務省に、その他の事業は郵政事業庁(現在の日本郵政公社)に引き継がれた。

(旧)総理府設置記念日

1949(昭和24)年のこの日、総理府が設置された。

各行政機関の施策・事務の総合調整等を行っていた。

2001(平成13)年に経済企画庁等とともに内閣府に統合された。

政権離脱!

ブログネタ
政治・選挙3 に参加中!

     皆さん、こん☆★わぁ〜( ´_ゝ`)ノ

社民党は今日の午後、東京都内で社民党常任幹事会を開き、連立政権離脱を決めました。

  米軍普天間飛行場の移設問題に関する政府の対処方針への署名を28日に福島党首が拒否し、(消費者・少子化担当相)罷免されたことです。

  私は、鳩山首相の判断は間違っているという想いは変わりません。

  昨日のブログで社民党が連立維持も離脱も手段の一手だというふうに思っていました。

  社民党の幹事会で決めたこの離脱も非常に悲しい切実な思いであったことも感じました。
  私は、社民党の信念というものが政党や政策への信用につながるのだと思います。

  信なくして、政治は出来ないその想いに私はまさに社民党だからこそ信念を貫いたんだと思っています。

   辻本清美衆議院議員も国土交通副大臣を前原大臣に伝えたそうです。

  これからも社民党に是非、頑張って欲しいと思います

民主党の次の代表になって欲しい人は?という質問

     皆さん、こん☆★わぁ〜( ´_ゝ`)ノ

  社民党の福島党首が罷免されて以来、皆様からコメントやメールを頂きました。    ありがとうございましたm(_ _)m
    私は、福島党首が最後の最後まで信念を貫き通したというふうに思っています。
  それは、平和を守るという強い意志のある社民党であって福島さんだからこそ貫き通したのだと思っています。
  今回の参院選で改選となるわけですが、比例全国区で立候補予定の福島さんに私は頑張ってほしいという思いです。
   普天間移設の問題については様々な意見もあるかと思いますが、皆さんに理解して頂きたいのは福島さんが閣僚として署名をしなかった気持ちや考え方です。
  他の閣僚は署名をしたのでしょうけど、福島さんは普天間への移設は絶対に反対という意思を変えることのない強い信念があった。
   そもそも沖縄県は戦争でアメリカに負けて基地が出来て以来、沖縄県民はずーっと負担し続けてきたんです。
   これ以上負担をさせたくないという想いは私も同じ気持ちです。
 かと言って日本全国でも基地移設は反対だということも納得出来るし、国外移設をすべきだったという主張は私も同じです。
  普天間飛行場移設受け入れに前向きな米グアムのカマチョ州知事と北マリアナ連邦のフェテル知事は示していた。
  私自身、日本にとってもアメリカにとってもメリットある案だったのではないかというふうに思います。
   日米合意にこだわることが本当に重要であったのかどうなのか私には、理解していません。
   鳩山首相が取った罷免は大きな間違いであったというふうに思っています。
    皆さんから頂いたメールの中である方から『次の民主党で次の代表になって欲しい人は?』という質問を受けました。
  私は、鳩山首相にはどこを期待して良いのかわかりません。
 鳩山首相・小沢幹事長には一度、退くことも一つだというふうに思いますが、今の民主党で誰が代表に相応しいかということについては今の状況を見ましても考えにくいです。
   今後、社民党も政権離脱も示唆している様ですが、連立維持も離脱もどちらにしても手段の一手だと思います。
   私は、比例全国区では福島瑞穂党首への支持は変えません
  今後の動向を見ていきたいと思います。

福島大臣を罷免して遺憾

             皆さん、こん☆★わぁ〜

   今日は携帯からの更新です

  本日、社民党党首である福島大臣が罷免したことについて驚きました(°д°;;)
   福島大臣は、一貫して辺野古へ移設について反対してきました。 鳩山総理は日米合意を優先したことになりますが、沖縄県民や社民党からの理解は得られない中での5月末決着としたようです。    
   アメリカとの信頼関係と抑止力の維持が日米合意を優先した理由だそうです。 移設案と現行案とそう変わりない
   県外移設と言っていた鳩山総理は結果的に沖縄県民を裏切ったことにもなるが、福島大臣を罷免したことは一閣僚を裏切ったことにもなるのではないでしょうか。
   私は、今日の政府決定に残念だが憤りを感じます
 公約は守られなかった結果だと思います

野田市・鴨川市議会議員選挙結果を見て解ること

       皆さん、こん☆★わぁ〜(・◇・)ノ

  
5月23日、任期満了に伴って行われた野田市議会議員選挙(定数28/立候補者33)と鴨川市議会議員選挙(定数20/立候補者22)の投開票が行われました。

   この選挙結果で野田市議選を見てみると、民主党公認の候補者だった方が8人中3人が落選した結果で、社民党や市民ネットワークが議席を得たことになっています。
    特に民主党の候補者が3人落選したことについて思うのは、小沢氏の政治とカネの問題については証拠不十分で不起訴となっているが、普天間問題なども影響しているのではないかというふうに思います。

  ちなみに社民党は野田市議選も鴨川市議選のいずれも1議席ずつ得ている。

  地方選挙は直接国政と繋がっていない訳ではなく、投票する有権者の中には、国政での政治運営が地方の政治も左右することもあるのです。

  党公認となれば、党内の動きを見ている方も多いと思います。
  どちらにしても政党風というものが吹けば、その風に流れるというのもあります。

  私は、党の支持などよりも政策と人柄で支持することの方が多いですし、選挙というのは誰に託すかで決まります。

  地方選挙が終わったからと言うのではなく、地方から国へと声を挙げることこそが選挙で民意を問うということになるのだと思います。

千葉市の介護施設で虐待と使途不明金発覚!!

      皆さん、こん☆★わぁ〜( ´_ゝ`)ノ
 今朝もいつもの様に郵便受けから朝刊を取りだして読んで驚きました

  今朝の読売新聞京葉版にも掲載されていたので、ご覧になった方もいらっしゃるかと思いますが、

千葉市中央区赤井町にある社会福祉法人「徳和会」
特別養護老人ホーム(特養)「あかいの郷」にて入所やに対して虐待行為があったことと、2007年度決算で635万円の使途不明金があったことが明らかになったという生地でした。
この施設への行政処分を行ったとしている。

 千葉市の調べでは、介護職員が入所者に対し、口におしぼりを詰め込んだり、頭や手や尻等を叩いたり、大声で怒鳴り散らした行為があったとされています。

 少なくとも10人弱の入所者に対して介護職員の4人が虐待に関わったという。
  職員は4月15日付で2人が諭旨免職処分、残りの2人のうち、1人が減給2カ月、もう1人は戒告処分となったそうです。

  千葉市は今年2月に内部告発を受け、調査して行政指導を行ったという。
 4月には再調査の結果、改善が見られなかったとして、社会福祉法に基づき、改善措置命令を出した。
  千葉市が特養に改善措置命令を出すのは初めてのことだという。
  私も介護の現場に勤めて8年目を迎えましたが、私が昔、勤めていた老人保健施設(老健)で一人の職員が夜勤中に虐待をしたということで、辞めた職員を目の当たりにしたことがあります。
  千葉市では今回の発覚が初めてということでしたが、全体を見ても表には出なかったり、発覚しなかったりというケースがあってもおかしくないのかも知れません。

  また、社会福祉法人「徳和会」特別養護老人ホーム(特養)「あかいの郷」では昨年4月から今年5月までの1年間で58人が退職したという。

  そして内部告発で明るみになった平成19年度決算で、約635万円の使途不明金が発覚し、そのうち約400万円を元会計担当職員が横領した疑いがあると見て調べを進めているそうです。
  パソコンからの会計データも消されていることも明らかになったとされています。
  このほかにも、資産運用委員会議事録の虚偽報告など、ずさんな経営実態が明らかになっているとのことでした。

、今後、千葉市では業務改善を6月25日の期限で求めており、命令に従わない場合は法人の解散を命じることもあるとしている。

  とにかく、こうした問題がここ一ヶ所だけでなく、二重請求をしていたりという施設も他市でもニュースで聞く事があります。

  介護福祉の問題として出されているこの問題は氷山の一角かも知れません。

  行政側も施設調査の方法などを考えながら乗り出して行ったり、内部告発者を守るホットラインを設けることも大事だと思います。

参院選千葉県選挙区は小西ひろゆきさんに託す!

17ecf800.jpg小西ひろゆきチラシ1表


      皆さん、こん☆★わぁ〜( ´_ゝ`)ノ

  7月11日に予定されている参議院議員選挙で千葉県選挙区から民主党公認予定候補者である小西ひろゆきさん(38歳)に託していこうかと考えています。

  小西さんは小学生の頃から21年間、脳卒中であった父親の闘病生活を支えてきたことにあります。
  それは、私も同じで母が遺伝子の糖尿病を患っていて心臓や腎臓など度重なる病気により、入退院を繰り返していた母の介護をしていた自分と重なるからです。

  私は、介護の仕事をしながらも亡くなった母の世話もしながらの生活をしていたのですが、小西さんも同じ様に苦労されていたことを知りました。
  母が腎臓病を患い、透析になった時も何度も病院へ足を運んだこともありました。
    小西さんも亡くなった父の闘病生活を支えたことと同じように母の闘病生活を支えた私にとっても医療の現場でお世話になった家族でもあります。

  私は母が最後に倒れた時に真っ先に救急車を呼んでも出払っていることで、救急車よりも消防車で中々来なかった救急車を通して医療の問題は病院だけでなく個々の現場でも起きている問題と捉えています。

  それ以来、私が目指す『命に希望ある未来』と小西さんが掲げる『命を守る社会保障』という目指すべき道が同じように小西さんへ託す思いに至ったのです。
小西ひろゆきちらし1裏
  【介護の問題】も【医療の問題】もどれをとっても私たちが生活することには欠かせない課題です。
  この課題に取り組んで活かすには小西さんを参院へ送り出すことにあると思います。

夏のお客様

       皆さん、こん☆★わぁ〜(^_^)/

  夏の風物詩というのでしょうか。
自宅に一匹のお客様…ノコギリクワガタでした
ffb2ad22.jpg
  片方だけ、角が折れていました
仲間と格闘して負けてしまったのでしょうか。
  一足早い夏ですが、メロンを与えた後、近くの森林に戻してきました

沖縄県普天間基地移設問題について〜その4〜

     皆さん、こん☆★わぁ〜( ´_ゝ`)ノ

  沖縄県普天間基地移設問題についてアメリカとの合意で辺野古への移設を大筋で合意したことになったという報道がなされております。

  さて、沖縄県普天間基地移設問題について鳩山総理大臣は県外移設と沖縄県の負担軽減を訴えてきたがアメリカとの合意について沖縄県の仲井真知事と会談し、辺野古への移設をお願いした。

  これに対して名護市長も怒りを禁じえないとしてコメントを寄せている。

  社民党の福島瑞穂党首・内閣特命担当大臣も沖縄県名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブ沿岸部への代替施設を建設する日米合意に反対していますが、私も反対です

   どうしてこうした結論と言っていいのか解りませんが、そうしたことしか議論がなされないのか理解に苦しむ想いです。

  沖縄県普天間基地移設で米軍を残す意味というものをしっかりと総理の言葉から沖縄県民に対して説明すべきですし、県外と言ってきた言葉は総理の発言ですから責任は重いというふうに思います。

  私は普天間移設問題についてはグアムへの移設案も検討したのかどうか解りませんが、そうしたことの議論がなされているのかも見えて来ません。

  今後の総理の責任が追及されることは避けられないことと思いますが、私自身何とも言い様がありません。

口蹄疫について

c93bda42.JPGIMG_1839

     皆さん、こん☆★わぁ〜( ´_ゝ`)ノ

  今、宮崎県で発症した口蹄疫という感染病が流行しています。
  私の地元でも市原市石神にある畜産団地にも豚などを飼育されていますが、宮崎から感染が広がらないか懸念されています。

  今日は、この感染病である口蹄疫についてどんな病気なのか知っておきたいと思います。

  牛や豚など、足の蹄(ひづめ)が2つに分かれている動物にかかる病気で、発熱や口や蹄に水膨れが出来てしまい、餌も食べなくなってしまう症状が出て来ます。

  餌などを食べなくなると、栄養も摂れなくなることから牛や豚などがどんどんやせ細ってしまい、本来のお肉も取れなくなってしまいます。
  やがて歩けなくなります。(狂牛病も同じです。)

テレビでも映っていたのですが、見た方はいらっしゃるかと思いますが、生まれた子供の豚も牛も乳がでなくなった親から栄養も摂取出来ず、感染して亡くなってしまいます。

  蹄が2つに分かれていない馬などは感染することもないですし、人にも感染するということはありません。

  細菌よりも最も小さいウイルスが原因となっていますが、感染力は高いとされています。
  宮崎県では、病気ではないかと疑われる牛が見つかった4月から約一ヶ月で、牛や豚が発病した畜舎は100ヶ所以上にも及んでいるそうです。

  ウイルスは家畜を飼う畜舎から風で運ばれたり、人には移らなくても車などにもくっついて広がることもあることから保健所や県庁や市の職員などが、車両などに消毒液を散布しています。

  宮崎県では、病気が見つかった牛や豚などにワクチンを投与して殺処分し、埋める計画があるものの埋める場所もないという問題がある。

 また、政府は発症した場所から10キロ圏内にある家畜にも感染病である口蹄疫が拡大しないようにするため、殺処分することに決めた。

  しかし、農家にとっては生活に関わることもあって保障もまだ見えてこないという問題にも立たされている。

  :地元市原市武士にある畜産農家を訪ねたときに農家の方から『菌を持つ生き物は人であれ、動物であれ感染病というのはどこにでも起きるもので気をつけなければならないんだ』と教えて頂いたことがありました。

  私たちは、本来食卓に並ぶ牛肉や豚肉などにこうした大問題が起きていることを皆さんはどのように思いますか?

  宮崎県からこうした感染病を何としても防がなければならない重大な問題に今、立っている。
プロフィール
みんなの声
QRコードでアクセス
QRコード
ヅマットな歩み
キューピークッキング
  • ライブドアブログ