こうづま 和弘@ヅマット NEWS

★上妻 和弘Webサイト☆ すべての命に希望ある未来を!人と自然に優しい明日へ

2009年08月

  こうづま 和弘ホームページへようこそ! 
 目指すべき志がある!福祉の道一筋!一直線!!私たちの責任!明日への責任! 
人と自然に優しい貢献! 命を大切にする未来へ  介護福祉士・介護事務技能管理士  こうづま 和弘

続々、当選!

昨夜の開票速報で続々と当選を果して来ました。

  衆院選千葉1区たじま要氏・3区岡島一正氏・9区おくの総一郎氏長崎県2区福田衣里子氏が当選を果しました。
 政権交代への波が高まっています。

  長崎県2区で初当選した福田さんは薬害肝炎訴訟の顔として活躍されていました。  私は、彼女と共通するところは『命の尊さ』を誰よりも感じている方です。 
  私も『すべての命を大切にする暮らす社会』を求めています。  今回の衆院選で民主党が大きく躍進して政権交代することが出来ました。 政治はイコール=生活です。 
  千葉でも日本でも世界でも生きとし活きるすべての命が大切にされる政治になるよう頑張っていくべきと考えます。

本日、第45回衆議院議員総選挙の投票日です!

皆さん、こん☆☆わぁ〜

  今日は、日本の行く末を決める大事な選挙。

第45回衆議院議員総選挙
の投票日です。

 日本の近未来を決めるとされている衆院総選挙は本日で即日開票されます。
投票率も上がることとされている衆院選。
  皆さんも是非、投票に行きましょう
私は、午前中に行って参ります。
 あなたの一票大事な一票

衆議院議員総選挙ホームページ
上記をクリックして見てください

国民の選択!社会保障について

皆さん、こん☆★わぁ〜

   衆院選もいよいよ明日が投票日です
 私も明日、地元市原市で投票に行って参ります。
今回の衆院選情勢を見ましても各政党がマニフェスト政策公約というものをそれぞれが切磋琢磨して打ち出し、訴えています。
  新聞やテレビでじっと見守ってきましたが、『民主党が躍進して議席も過半数を超す』とまで言われております。
  各選挙区でも新聞を見て、先行とか追行とかありますが、蓋を開けてみない事にはわかりません。
 果たして、8月30日の選挙でどんな結果が待っているのでしょうか。
   さて、今日は社会保障についてです。
 私の母も生きていた頃は生活保護を受けての生活でした。なので、生活保護受給世帯ということになります。
  その生活保護受給世帯数は2001年以降、一貫して過去最高を更新しています。

生活保護受給世帯数
1995年度では約60.2万世帯だったのが、
2005年度には100万世帯が突破して
2009年3月で119.2万世帯が受給している。

  これは、厚生労働省の『福祉行政報告』で明らかになったものです。
一方で、90年代半ばまで8割台を維持してきた国民年金保険料納付率はその後急降下し、1992年度で85.7%だったのが、無年金者は181万人で2008年度で62.1%と過去最高の記録になっていることが社会保険庁【通称:社保庁】の調べで明らかになったのです。
  その背景にあるものが、厚生年金に含まれない非正規労働者の国民年金加入が増えたものの、月1万4660円の保険料が高過ぎることです。
 国民健康保険料を1年以上滞納して保険証を取り上げられた世帯は約34万世帯に上っています。

国民健康保険料滞納世帯数
2000年で約370万世帯
加入世帯の2割強になっていきます。
2008年度には約453万世帯になった。


私も以前、国民年金や健康保険料を滞納していたことがありました。 今は。正規雇用として働かせて頂いていることで滞納していたものを払うことが出来ました。
   では、これをどう改善させるかが問われてきます。
 ◇所得を比例して保険料を納める所得比例年金と税の財源とする『基礎的暮らし年金』というものを組み合わせて最低でも月8万円の年金を保証すること。
 ◇失業保険が切れても、職業訓練を受けながら最低限の生活保障として、新たな制度で月10万円の支給が出来るシステム。
 ◇高齢者の75歳以上を対象とする『後期高齢者医療制度』を廃止し、医療費の保険料と自己負担の減免処置の出来る制度を拡充すること。
 ◇保険料を何故滞納せざる得なかったのかをしっかり聞いた上で保険証の取り上げはしない。
  これらの仕組みづくりが必要なのではないでしょうか。
 誰もが安心して暮らせる年金を実現して欲しいと願っています。

若者に希望とは何か?国民の選択!

  皆さん、こん☆★わぁ☆彡

  今月23日の夜、東京都内にて学生らが主催で行われた集会に麻生総理も参加されました。
  この集会に参加した学生からある質問がありました。
 『若者に結婚資金がなく、結婚の遅れが少子化につながっているのではないか』という様な質問に対して麻生総理は…『金がないのに結婚はしない方がいい。稼ぎが全然なくて(結婚相手として)尊敬の対象になるかというと、なかなか難しい感じがする」という答弁をしたことについて若者の立場に立った発言とは思えないし、一人の若者である私は怒りを感じます(`へ´)
   自民党は、今回の衆院選で麻生総理は、『子どもに夢を若者に希望を高齢者に安心を』と訴えた人が若者に対して『金がねえなら結婚しない方が良い』という発言は責任の無さを感じます。
 そもそも雇用で言えば、労働規制緩和によって、日雇い労働者を中心に働く貧困層と言われるワーキングプアが増えたこと。
 身分保障もほとんどない為に不況になれば真っ先に解雇されて仕事も住いも失うという路頭に迷った労働者の多くは若者ではないでしょうか。
  麻生総理に思うことは、若者が安心して働ける為には日雇い派遣は禁止をして、最低賃金の時給を1000円に引き上げ、正規労働者と非正規労働者の均等待遇を実現すること。
 社民党の政策にも掲げていますが、こうしたことによって若者が安心して稼ぐ事が出来て、生活設計を建てて未来に希望の持てる社会というものが実現出来るのだと思います。 
    一国の総理として釈明会見をすべきだと思います。
総理は、遊説でも冒頭で『私の発言によって国民の皆さんにご迷惑をおかけしましたことを心からお詫びを申し上げます』と言ったわりにはこの様な問題発言で謝罪に意味なしと思います。
 皆さんは、どの様に思いますか(?_?)  
 私は、衆院選を静観する立場ですが、一度政権交代をして自民党が野党になって改め、膿を出すべきだと思います。
  これまでブログで訴えてきましたが、これまで政治というのは良くも悪くも何一つ変わらずに借金が増え、負担が増したというのが実情なのだろうと思います。
  これからは新しいシステムのもとで政治が良い意味で政治が変革されることを祈っています。

生まれ育った故郷

cfc3894b.jpge3fb863d.jpg

皆さん、こん☆★わぁ☆彡

   今朝は、洗濯物を干したり、お部屋の掃除をしたり、ゴミだしをしたりで一日が始まりました。
 そして、朝の奉仕としても住いの周りを掃き掃除をしながら、朝を過していた。お昼前に出て真澄寺別院にて説法を聞いたり、お寺での時間も過した。
  午後は生まれ育った故郷である市原の地元へ向った。
 お袋のお墓参りも兼ねて緑が広がる農村地帯を歩いたり、緑が溢れる森の中を歩いて森林浴で気持ちも癒す。
  森を抜けると畑に出てきました。
   農家の方と巡り合って畑で何を育てているのか訪ねると『夏野菜だよ』と話してくれて茄子やトマトや里芋等々がたくさんの実がなっていました。
   私も実家でなすやきゅうりやトマト等々を育てたことがあって農家の方とも話しが弾んだら、なすを頂きました。
天の恵みをいっぱいに受けて育った夏野菜はとっても瑞々しく、美味しい。
  分けて頂いた農家や天の恵みに感謝でいっぱいです☆彡 やっぱり、生まれ育った故郷は癒されますね☆ヽ(▽⌒*)
  最後は、私が生まれた場所である五井に林助産院を訪ねた。
 林むつさん、90歳を過ぎても現役で助産師をしている。
当時は、生まれて間もない私を今まで育ててくれた育ての両親を引き合わせてくれた尊い恩師です。
  最近では、テレビ東京の番組やTBS系の番組で『ポストマン』にも出たそうです。
  そんな、林さんも今では元気に車に乗っては杖をつきながらヨーカドーへ買物に行く。
 私の産みの母や父の話しなどをします。林さんが今、こうして元気で居てくださっていることこそが、私にとって唯一の親戚でもあります。これからも長生きして欲しいです。
 そして、また両親の話しや自分が生まれた頃の話しも聞かせてもらえる様な機会がいつまでも末永くあって欲しいと思います。

8月30日日曜日は衆議院議員選挙の投票日へ

皆さん、こん☆★わぁ〜

   衆院選まであと4日とわずかになりました。
もうすでに期日前投票に行かれた方もいらっしゃるのだろうと思います。
 私は、30日に友達と一緒に投票に行く予定です。
友達と言っても後輩にあたるのですが、21歳で選挙へ言った事がないということもあって教えて欲しいということでした。
  自分は二十歳の頃、初めての選挙権を得たんですが、誰に入れて良いのか解らないでいた一人の若者でした。
 そんな自分も懐かしく想いながら、初めての経験である選挙の投票です。
  選挙で一票を投票するという感覚というのはどんな感じかというとぱっとしない感じだけど、『入れたんだ』という感じだけはしたのを覚えています。
  当時は、県議会議員選挙が初めての投票となったので、入れた方が初当選した頃は嬉しかった。
 『入れた』・『投票した』という人が当選して議員としてみんなから選ばれたということが一つの形となったことは選挙への意味というものが何となく感じられたと思います。
  選挙で立候補している方の誰を入れるか、それは誰に託していくかということになるのだと思います。
 私達の近未来を決めるのは選挙です。投票へ行きましょう。

暮らし・命・雇用を大切にする社民党へ

  皆さん、こん☆★わぁ☆彡

   今回の総選挙は【政権交代】や【政権選択】と謳われる中であと1週間を切りました。   
     社民党は、国民生活を立て直す政策として『雇用』『社会保障』『環境』『地域と農業』『平和憲法』『消費税』などあらゆる分野で具体的に示されました。   
  そもそも、政治とは国民の手に取り戻すことが重要な課題です。  政権交代は手段とか目的とか言われるけど、そうではありません。  国民のための政治を実現させなければなりません。
  社民党は、企業や団体からの献金を貰わず、本来の政治として国民と対等に声を活かし、信頼を築いてこそ清潔な政治が生み出すことが出来ます。   
    国会に多様な民意を反映するとともに、世襲候補を制限や選挙制度そのものを根本的変えることが必要です。  
   根本的に変えることが出来たとき、誰もがこの生まれ育った街を国を変えるために政治参加出来るのです。   
    官僚任せ・政治任せ・行政任せでなく、国民の手によって新しく本来の政治を創る。  社民党は目指しています☆彡  
  私は、衆院選比例区には社民党です。

国民に問う!政権選択!

皆さん、こん☆★わぁ〜

自分と社会の将来に不安を抱える国民へ
医療福祉の充実を求めるあなた
将来、年金が貰えるのか不安を抱える国民へ
税金の無駄遣いはもうたくさんだ!

と思っているあなたへ

  そんな、政治を変える為に歴史的な政権交代をみんなの手で創る。
衆議院議員総選挙は、

8月30日 日曜日午前7時〜午後8時まで

   全国の市町村にある投票所へみんなで行きましょう
  私たちの近未来を決める大事な選挙です

これまでの長期政権を検証すべき

皆さん、こん☆★わぁ

  8月30日日曜日、衆議院議員総選挙の投票日まで、来週に迫った。
  不在者投票も19日から各市町村において始まっています。
 今回の選挙では、国民の約2割近くが重要な選挙と位置づけ意識が増している。
 東京都目黒区役所では、不在者投票で約431人が投票所に足を運んでいることです。
 前回の衆院選では不在者投票率を上回っているとされています。
  衆院選で『政権選択』ということで、民主か自民かで争われている様ですが、他党も熱に入って気合が増す。
 さて、これまで戦後から長きに渡り、政権を維持し続けてきた自民党と公明党の与党政権が今日までどれくらい政策を実現させ、国民生活にプラスを生み出してきたのかをよく検証すべきところにあると思います。
  前回の小泉元総理の手で行われた郵政民営化で国民への生活に直接的に良くなってきたのか、皆さんはどのように感じておられるのでしょうか?
  郵政民営化だけでなく、後期高齢者医療制度やガソリン税や自衛隊給油活動など様々な点において暮らしが良くなったのか検証することにあると思います。
  私は、介護の現場で働いていますが、直接的に良くなったというふうに感じてはいません。
     又、麻生内閣になるまで総理が次から次へとコロリと変わってきたのですが、政権のブレ、政策のブレ、首相のブレなどが目立った部分もありました。
  麻生総理は、『子どもに未来を』『若者に希望を』『高齢者に安心を』と謳っていますが、果たしてその通りに実現されてきたかどうかです。
  若者の派遣切りが多く目だった雇用の問題。これまで景気悪化によるものだとされていますが、それはその通りだというふうに思います。
 しかし、それに対しての対策を打ち出す前に定額給付金の支給が進んで、それから雇用対策に予算が当てられたということ。
 日雇い派遣で切られた若者が集まった派遣村。どれだけの若者がいたでしょうか。

働く上での保障は、パートであってもアルバイトであっても最低限の保障すべきと考えます。   従来の仕組みとして根底から変えることを支持していきたいと思います。   
  今回、民主党が議席過半数を得る見込みとされている様です。  民主党一人勝ではなく、社民党や国民新党など少数会派の政党も声が届く政治への転換を陰ながら応援し、願っています。  
 私は、仕事第一=生活第一で頑張ります。

頭痛に悩む!

   皆さん、こん☆★わぁ☆彡

  一昨日の20日、耳鼻科へ受診しました。

  鼓膜チューブ留置術でシリコン製のチューブを入れて以来、間を置いての受診で術後の経過は良好。

  だが、不眠症や目眩など悩む部分について医師に話すと【右側に寝るように】とのことでした。

 ただ、不眠症などについては精神的なものもあるのではないかという見方もあり、様子を見ていこうということでした。

 気分転換として森林浴など時間をとっていこうかなと思います。
プロフィール
みんなの声
QRコードでアクセス
QRコード
ヅマットな歩み
キューピークッキング
  • ライブドアブログ