こうづま 和弘@ヅマット NEWS

★上妻 和弘Webサイト☆ すべての命に希望ある未来を!人と自然に優しい明日へ

2007年04月

  こうづま 和弘ホームページへようこそ! 
 目指すべき志がある!福祉の道一筋!一直線!!私たちの責任!明日への責任! 
人と自然に優しい貢献! 命を大切にする未来へ  介護福祉士・介護事務技能管理士  こうづま 和弘

デラックスちば漫遊号

4c618c42.jpg 房総ちばディスティネーションキャンペーン』実施にて千葉駅では新型団体列車として到着したデラックスちば漫遊号。

 偶々千葉駅に行ったら電車マニアの方々も多く集まった千葉駅で登場したデラックスちば漫遊4号両国行きでした


2c230375.jpg

0a59d633.jpg

 

 

 

あっちらこっちらご挨拶回り☆

皆さん、こん☆★わぁ〜市原を飛び回るぶっ飛びヅマットです。

 今日は、市原市民ネット事務所で印刷作業をして船出の準備それを超えてこれからのメインはポスティングです。「ポスティング」って何?ポスティングというのは、6月に行われる市議選で立候補予定者が送る政治、議会への意気込みと街づくりをつなげる情報を載せた言わば、ビラ(チラシ)です。

 それを各家庭のポストに入れていく活動です。これをするのにただひたすらポスティングとご家庭の住んでいる方にご挨拶しながら意見交換など重ね重ねするのです。

 しかし、今日はマジで走りっぱなしの連続でした。そんな中で、歯科の予約もあって2時半に歯科へ行く。ε=ε=(´Д`)

 歯医者が終わったあともポスティングの続きを始める。それにしても家の多さになんとも言えませんが、一軒一軒こまめに回る。

 おぉっとそれから忘れてはならないのは、以前暮らしていた旧家の近所で大変お世話になった先輩にして急でしたが、先輩にお手伝いしてもらって本当に先輩の存在感と有り難味に改めて感じることの出来たポスティングでした。

 本当にありがとうという気持ちでいっぱいでした。今後も友達と一緒に手伝ってもらえるようにお願いにまわりながらもみんなで築く街づくりをしていきたいと思っています。さ〜て頑張るぞ〜(^∀^)

ゴールデンウィークだって遊びに行きたい!

今日も仕事が終わっていつもよりお疲れモードのヅマットです('д` ;)

 テレビを見ると行楽シーズン到来とかゴールデンウィークの出向ラッシュとか色々でみんな明日から長い休日を過ごす人もいるのでしょう。俺も2連休ある中で千葉を脱出したいというわがままもある。

 なら出掛けて来れば良いじゃんとは言ってもそうも行かなさそうな感じなんです。それは6月の市原市議選です。市長選はどうせ無投票当選だろうし、どうでも良い。決まりきった政治には異論はあるが、このままでは良くない。

 ということで市議選も3人の仲間が頑張る市議選だからこそ3人を全員当選させなきゃならない大事な選挙だから出掛けるにも「はい、行ってきま〜す」とあっさり行かれないのが、私です。

 明日はネットのビラまきですが、最近太ってきたので、ダイエットの為に走る、走る、走り続けるヅマットになりそうです。マジやせなきゃ

これからの社会へ

9f1b6600.jpg

皆さん、こん☆★わぁ〜ヅマヅマヅマットですってヅマとは何回言った?

 そんな中で、今日も仕事を終えて千葉で人とあってへ帰宅。人と会うというのも話題はそれぞれなのですが、プライベートな話しやダイレクトな話しはもちろん活動の話しもそれぞれあります。

 そんな中で活動の一環として行っている政治を市民参加活動として考えて行っている私は会う方からもお話しが出ます。「統一地方選お疲れ様」と言われるも候補者ではないが、候補者の様な感じもしないでもない。

 結果どう振り返っているのか、聞かれます。最初の出だしで最優先候補への当選について思えば泣いても笑っても結果は結果であったことの振り返り方もありましたが、民意とは何なのかということに着目する点です。

 有権者が本当に求めていることは何か議員という身分はどうなのか議員の報酬はどうなのか困った所や手の届かない所に行き届いているのか税金は年金はちゃんと払って使われているの

 疑問も様々で10人の声も10人十色と言うように政治への関心と不信というしんつながりもあるけど、議員になった人はどうなるか?どう動くのか活動はどうなのか?見ものです。

 私は、残すが6月の市議選のみとなっています。24日に行われた市原市選挙管理委員会で市長兼市議選の同日選挙で説明会が行われたのですが、この説明会で市長候補で来たのは現職の佐久間隆義市長だけだったという。

 これはもう無投票当選で決まりになるであろう。しかしながらそれでいいのだろうか?市議選で真っ当に議論出来る議員がいるのだろうか?

 税の使い方使い道しるべや議員特権・地域課題などをもう一度市民のみんなで原点に返るきっかけにしていきたいと思っています。

 今までの選挙ではいけないし、今までの政治は変わらぬ時代になるだけ。それじゃいけない変えなきゃ議会変えなきゃ政治変えなきゃ市原

 これから燃える私は選挙後オンブズ活動も視野に入れて、頑張ります

費用弁償がニュースで取上げられる

皆さん、こん☆★わぁ〜ヅマットです

  つい先程でしたが、日本テレビ22時54分〜放送されている『ニュースZERO』で議員報酬で今話題の「費用弁償」が取上げられました。

 費用弁償というのは、議員が一日議会に行っただけでその日の交通費として支払われる報酬です。これはいうまでもなく、税金ですが歩いて議会に行ったり、交通費で往復820円位安くても貰えちゃう費用です。

 最初は神奈川県議会や横浜市議会での費用弁償のことについて取上げられていましたが、まさか千葉県議会がZEROで取上げられ、びっくり

 神奈川県横浜市議会は、費用弁償廃止になるなどの他の県市町村では、廃止とされることや実費という風に議会が見直す動きで変わりつつあるのに千葉は特に変わりません。

 皆さんは、議員が自宅〜議会まで10分〜15分弱で行っただけで、千葉県議会 12200〜14600円や千葉市議会 8000円貰えるとしたらどう思いますか?これ皆さんの税金ですからね。どのように感じますか?

私は、議員自ら格差是正すべきこととして、一貫して報酬の削減と議員年金の廃止を訴え続けていきたいと思います。

 ちなみに全国で費用弁償が支払われている金額をネットで出ていたので、ご覧ください。   政務調査費ネットWeb

【各都道府県議会“費用弁償”支給額】

●北海道議会  13000〜20000円

●青森県議会   6900〜13500円

●岩手県議会   8700〜18000円

●宮城県議会  10800〜20200円

●秋田県議会   5000〜16300円

●山形県議会  10900〜19000円

●福島県議会   9800〜19600円

●茨城県議会  13300〜16300円

●栃木県議会  11500〜14500円

●群馬県議会    5400〜8100円

●埼玉県議会  11700〜18700円

●千葉県議会  12200〜14600円

●東京都議会  10000〜12000円

●神奈川県議会  交通実費のみ

●新潟県議会   8000〜18600円

●富山県議会   9600〜13000円

●石川県議会   9600〜20700円

●福井県議会   7400〜13000円

●山梨県議会  10000〜14400円

●長野県議会  交通実費+宿泊実費+滞在雑費(3500円か5000円)

●岐阜県議会   8900〜19500円

●静岡県議会  交通実費+1000円(諸費)

●愛知県議会  15000〜19900円

●三重県議会  交通実費+3000円

●滋賀県議会   3000〜12000円

●京都府議会   3000(公務諸費)+交通費(片道)1500円まで

●大阪府議会   7000〜15000円

●兵庫県議会   5000〜21500円(旅行諸費2500円含む)

●奈良県議会  5kmまで3500円(以降5km毎に+500円)

●和歌山議会   5000〜27000円

●鳥取県議会  交通実費+宿泊した議員のみ11700円 

●島根県議会  7400円+交通実費+宿泊した議員のみ7400円

●岡山県議会   9100〜18100円

●広島県議会  11400〜16300円
   
●山口県議会   6400〜13600円

●徳島県議会   8000〜22000円 

●香川県議会   8000〜12000円
  
●愛媛県議会   8300〜19400円

●高知県議会   5000〜18000円

●福岡県議会  10000〜20000円

●佐賀県議会   9700〜14600円

●長崎県議会   9200〜16300円

●熊本県議会  12000〜34300円

●大分県議会   交通実費+5000円
  
●宮崎県議会  10000〜18000円

●鹿児島県議会  9700〜16300円

●沖縄県議会   8000〜16300円

【政令指定都市 市議会“費用弁償”支給額】

●札幌市議会      10000円
  
●仙台市議会      10000円
  
●さいたま市議会 無し←
見直し出来て廃止

●千葉市議会      8000円  

●横浜市議会   無し←見直し出来て廃止

●川崎市議会       7000円

●新潟市議会  1000〜5000円

●静岡市議会   交通費実費

●浜松市議会   無し←見直し出来て廃止

●名古屋市議会     10000円

●京都市議会      10000円

●大阪市議会   無し←見直し出来て廃止

●堺市議会    無し見直し出来て廃止

●神戸市議会 8000〜14000円

●広島市議会      11000円

●北九州市議会7000〜10000円

●福岡市議会 5000〜10000円

議会改革なくして是正出来ず

市長、市政報告会と決起表明

e9a7f18f.jpg こん☆★わぁ〜市原生まれ育ったヅマットです。

さて、今日は生憎の雨と言いたいところですが、そうではありません。自然には緑豊かな森や山・川がありますが、それらを潤すのは恵みの雨です。という訳で今日のは恵みの雨と致しましょう。

 今日は仕事を終えて、へ一旦帰ってスーツに着替えた。というのも夜7時〜市原市市民会館で6月に行われる市原市長兼市議選に先立ち佐久間隆義市原市長の市政報告会と決起表明に出席した。

 しかしながら、今回の市長選はどうやら雰囲気が違う何故なら、今度の市長選で対抗馬が出ないのではという声が出ていることだ。ということは無投票当選になる可能性がある。

 それだけではありません。4年前は自民・公明が担いだ全市原市長だった小出善三郎氏を8千票差で佐久間市長に追い越されてしまったあの市長選から早4年が過ぎた今回の市長選に先立った今日の報告会に自民・公明の議員らが応援に挨拶したのです。

 そもそも民主・社民など野党系といわれる組織からの支援で佐久間市長が担ぎ上げられた市長に自民・公明が来たというとこれはまさかの対抗馬擁立しない光景の前触れであろうかと思っています。そうなると対抗馬の擁立が無くなる確率は濃厚となりそうです。

 来援のゲストとして自由民主党参議院議員 山東昭子両院議員総会長のお出ましでした

 4年前は民主党衆議院議員 岩国 哲人氏だったが、今回は違った。しかしながら4月に行われてきた統一地方選や次期行われる市長・市議選の雰囲気で感じていることがあった。それは私の中で対決姿勢となる要素が生まれたのだ。 

 私は政治の中で不明な疑点が生まれた時には必ず疑点から答えを出す

市議選で必ず答えを出すために頑張る決意が出来た。それから、自民党・公明党・民主・連合などの各会派からの推薦での場合ならば私は相乗り推薦は理解しがたいのである。与野党の議論と討論対決が出来なければ、何の違いも無いままお手盛り政治になってしまうのではなかろうかと私は危機的に感じるものであります。

 私は、自民公明の政党には支持出来ないしかし、市原市の反自民といわれる組織には疑問というよりも信憑性に欠ける。

 今、私にとって信じることが出来るのは、唯一市民ネットだけ

4月に行われて選挙を終えた県議と今迎えようとする市長選で決まって4年のスタートにどう動くのか見物です。

市民ネットを支える力を!!

皆さん、こん☆★わぁ〜惜しい惜しいの連続。

 22日投開票された統一地方選第2幕で、市民ネット公認で出馬し、応援に行った木更津市が惜しくも破れてしまうというショック。佐倉市・市川市・船橋市など各候補は揃って当選を果たした。

 しかしながら、今回の選挙で千葉県議選市原市選挙区で山本さんの敗北から第2の木更津までもが、破れるというショックを隠し切れない。

 今の地方で揺れ動くものが大きく感じた私は、このままではいかんという憤りからこれまで以上の選挙戦を地元市原市で力を全力で取り込みたい。

 もう何としても3議席パーフェクトにさせるとした上で、2回目になる市議選にこれからもネットの押上げ役になりたいと思っています。

姉ヶ崎駅にて駅頭

 皆さん、おはようございます

今朝は早起きをして、駅頭活動をしました。今日の駅頭は6月に行われる市原市議選で立候補予定者である市民ネット2期目を目指す桑田尚子市議と共にJR内房線姉ヶ崎駅にて行った。

 市原市は地方議会への関心については全くないというわけでもないのですが、千葉市と比較すると朝の駅頭でビラを受け取る人は意外にも少ない方です。

 それもそのはずで、駅で立つのは珍しい位でたまーにネットの通信や共産党のチラシなどを配る時に立つくらいで市原市3駅で唯一毎日立って駅頭での活動はまれに少ない方だと思います。だから、私が思うには選挙が来ようという時になると立っているという風に思われがちなところはどの地域でも思っている人も少なからずいると思います。だから日々の活動で議員と直接会って話せる機会と場所でも必要で時々でも駅頭をすることで周りの見方も違って見えるのではないだろうか。b7e41022.jpg

今日の駅頭では、愛想良く受け取ってくれる人や若い女性が立ち止まり気味で私の方を見ていた。(これは気のせいではなくて…)サラリーマンや奥様世代でもやはり見る。ワカゾーが立っているというのも珍しいのかなぁ〜と思いつつもありますが、果たしてどうだろうか?そんな駅頭も終えて、桑田さんは一足先に

 私は自転車を途中まで置かせて頂いたシルバーの放置自転車の監視している方にお礼のご挨拶…だけでなく、姉ヶ崎駅又はこの地域でのことでどうなんだろうと訪ねてみた。66a9297f.jpg

 すると、シルバーの方は駅のロータリーの工事(写真参照)についてや放置自転車の取り締まり方法についてや電話ボックスの設置から撤去後の問題等の疑問点や要望などをお話ししてくれました。

そうした聴き取りした新鮮なご意見などをしっかりと桑田さんに伝えて議論して明確に映し出すということのパイプがつながった。

 その後、駅頭の後は9時から歯医者へ行った

歯医者へ行った後は、銀行へ行って私用の手続きを済ませて姉崎の事務所へ戻って市原市民ネット本部へ戻っての作業。

 ところがその市ネット事務所へ戻る途中でネットのボランティアさんから借りたに異常事態から湯気が出た。え〜っマジで〜最終的には不具合を起こして修理を出した。それで市ネット事務所作業を行った。

 ちなみに今日の午後は、友達がポスティングを手伝ってくれることになっており、早速来てくれて捗るものもとんとん拍子のようにポスティングも終えることが出来た。やっぱ持つべき親友はとても大切で有難いm(__)m

 最後に姉崎事務所へ戻って、ひと時休んで今日の集約報告をして美味しいラーメンを晩飯に食べた。

誰か手伝って下さ〜い!!

皆さん、こん☆★わぁ〜ぶっ飛びヅマットです

今日は、突風に吹かれて本当にぶっ飛ぶよりもぶっ飛びそうな一日でした。

 そんな今日の一日は、昨夜の仕事で終わるのが遅かった為、千葉で1泊してから市原市へ帰って郵便物などのチェックなどをして部屋で一息する。

 9時半からは6月に行われる市原市議選で市民ネットの候補予定者の後援会の政策ビラのポスティングをしました。外は嵐なのに暖かいという気象の変化を感じながらも活動をしました。

 ポスティングと言ってもに政策のチラシ(別名ビラ)を一軒ずつ入れていく活動です。散歩感覚で良い運動にもなります。ダイエット効果にもつながります。

ポスティング後打ち合わせをしました。その後、睡魔に襲われ気味でした

 そこで、皆さんにお願いがあります

 市原市の地域で一緒にポスティングや事務所でのお手伝いをして頂けるボランティアを募集しています。
  各月ごとに何日かポスティング(上記参照)をしていますが、正直人手が足りませんポスティングの時間は地域の広域によって変わりますが、大体2時間程で配れると思います。又は市原市内にお住まいの方で地域で配って頂けるビラの枚数に応じてお渡しし、時間がある時に配って頂ければ幸いです。枚数は本当に配れる程度でも構いません。

 また、事務所では極簡単な楽しい作業でわいわいお話しながら封筒の袋詰め・宛名書き・地図移し・電話掛け・お茶出しなどのオフィス作業です。

 ほんの時間の空いた時で構いませんのでちょっと手伝いたい!とか私たちのこれからの街づくりや沢山の出会いとこれからを共に楽しんで活動していきたい仲間を募集しています。

 ちなみに市原市内の在住だけとは限らず、千葉市でも市外問わずに年齢不問で誰でも気軽にお手伝い出来ますので、お心遣いの程宜しくお願いします。 

連絡先は、 桑田尚子後援会事務所 市原市姉崎1905−3

 JR内房線姉ヶ崎駅から徒歩10分で内田医院の横です。

 電話:0436−62−1791です

沢山の美味しいお菓子とお茶を御用意して心よりお待ちしております 

誰もが安心して暮らせる街を!!

b7dde224.jpg 皆さん、こん☆★わぁ〜ヅマットです!

 今日もお昼12時〜夜21時までの遅番業務3日目!

今日は千葉駅前である署名活動をしている方々とお会いしました。署名は『障害者自立支援法』に関する改善を求める署名運動でした。署名をする私(ヅマットこと上妻)

 私も、10月に自立支援法の運動の関係で東京都日比谷にデモなどにも参加するなどでこの自立支援法の改善などを呼びかけたり、福祉サービスと受ける側やする側の立場で身近な方にもお話しをしていますが、今回の署名は千葉市への改善を求める署名でした。

 資料の一部にも載っていましたが、障害を持つ人も生まれ育った地域や暮らす地域で安心して暮らせる社会の実現を目的として2006年4月に支援法が施行された訳です。

 しかしながら、この支援法の中身では障害を持つ人が安心して暮らせない状況であることは私の身近なところでも実際に負担や生活に不便を強いられている現状があります。

 私の身近にあったことは重度の障害を持つ少年で寝たきりですが、週数回に入浴介助や身体介護の福祉サービスを受けているが、両親は交代で共働きをして少年と妹の3人で暮らしていると言います。

 しかし、働いているとはいっても障害を持つ少年を養う両親はこう訴えていました。『私たちがもしいなくなってしまったらこの子はどうやって生きていけばいいのですか?』と両親の悲痛な涙ながらの叫びを聞いた

 これこそ、本当にやさしい福祉がいったいどこにあるのか?国が掲げる障害者への自立とは何なんだと強い疑いの中で、この法案に穴がありすぎると思う様になっています。

 母も心臓や腎臓などに障害を持っていますが、通院介助や生活家事援助などでヘルパーが入っていますが、これも支援費で行っています。しかし、通院ではお金を払わなくても良かったのですが、自立支援法での負担になってからは払う様になったりするなどの生活に負担も増えたのも現状です。

 これこそ、『福祉格差』ではないのでしょうか民主党の格差をテーマにしたCMを放映していますが、こうした格差問題を是正すべきではないだろうかと私は思うし、矛盾している底抜け支援法を改善していかなければならないのではないでしょうか。

 この底抜け支援法での改善は

 障害程度区分による機械的な振り分けを避け障害者本人の状況や地域の福祉サービスの状況を充分に考慮した柔軟かつ現実的なサービス提供を求める。

 支援費日払い制の矛盾は障害者自立を阻害するという結果になっていることからこの制度を撤廃を求める。

 利用者負担の制度は全面的な見直しと誰にでも理解出来る明解かつ障害者の生活実態に即した制度への改善を求める。

 などを盛り込んで支援法を改善すべきであると訴える今回の署名ですが、私も福祉施設で働く現場従事者としても改正される前から訴えて国会でのデモにも参加しましたが、今後も私は訴えて行きたいと思います。

 そのほかにも『医療格差』でいえば、診療報酬の底上げや後期高齢者医療保険『介護格差』なら介護報酬の底上げと介護保険の底上げなどの問題も格差が生まれています。家族や受ける本人にとって値上げは吊し上げとして悲痛に思う方がいる訳ですから、この問題を今後も共に訴えて行きたいです

プロフィール
みんなの声
QRコードでアクセス
QRコード
ヅマットな歩み
キューピークッキング
  • ライブドアブログ