こうづま 和弘@ヅマット NEWS

★上妻 和弘Webサイト☆ すべての命に希望ある未来を!人と自然に優しい明日へ

2006年07月

  こうづま 和弘ホームページへようこそ! 
 目指すべき志がある!福祉の道一筋!一直線!!私たちの責任!明日への責任! 
人と自然に優しい貢献! 命を大切にする未来へ  介護福祉士・介護事務技能管理士  こうづま 和弘

国政報告会へ参加

e4819b13.jpg

国政報告会・懇親会へ参加


 今日、千葉市内にて午後16時より民主党衆議院議員田嶋 要氏の2006年通常国会での国政報告会に参加して来ました。開催場所はオークラ千葉ホテルにて行われた。今回通常国会が終わるまで、たくさんの政治の動きがありましたがその中で、千葉7区の衆議院補欠選挙で太田かずみ氏が当選した事や昨年末から話題になっていた建築偽装設計・ライブドア・防衛施設庁談合・社会保険庁の不正や村上ファンド・日銀総裁問題等々が多く取り上げられる中で、質問追求など行ってきたことでした。衆議院2期3年目にあたる田嶋氏は岡田・前原前代表から引き続き小沢民主党代表の下、役員室次長として担当されています。また、法案の作成をし、提出したり、BSE問題で香港の食品行政視察など数々の政治活動報告が行われました。その中で、BSEアメリカ産牛肉の表示義務化ではスーパーでは表示されてもレストランでは表示されていないのも現状だそうです。国政報告途中でしたが、「テレビ朝日系TVタックル」で出演されている長妻 昭衆議院議員(東京7区中野区・渋谷区)が来援されました。長妻氏は、田嶋氏と耐震偽装設計で質問に第一党として質疑をおこなった馬淵衆議院議員と共通する40歳で初当選し、民間企業のサラリーマンから国政にあがった事が共通していると語っていました。長妻氏は上記に挙げた問題の他に増税問題について取り上げました。老齢者控除が減ってなくなることで増税は 発生することや住民税や市県民税の控除値上げで税金の無駄遣いなど問題定義の裏話を語ったりしました。社会保険問題で年金や社会保険料を払ったのに支払われていないことになっていたりする社会保険庁問題はどこかで起きていることも現状だそうです。今一番、年金の基準がしっかりされているのが、ローマ帝国だそうですが、日本の遅れが滲みでる様な思いでした。民主党は、これらの上記に挙げた問題追及をした初の第一党が民主党。日本の政権交代を強く望み、来年の統一地方選挙や参議院選挙の議席獲得に意欲を示していました。田嶋氏・長妻氏の両代議士の国政報告会が終り、次期統一地方選挙立候補予定者紹介が行われました。

 統一地方選挙及び参議院選挙候補者の顔ぶれが挨拶を交わしながらも懇親会へ懇親会では、有権者と候補者のディスカッションが主要で、私も懇親会に出席し、候補者と意見交換を行いました。政策について質疑応答を交わしながら、課題として取り上げて欲しい施策を話し、取り上げて欲しいと話して来ました。

懇親会も終盤になり、最後にを撮りました。(右:長妻氏・中:上妻氏・左:田嶋氏) 私の一言。今の日本には政権交代が必要だと感じました。いざ政権交代へ

〜福祉レポート〜

仕事が終わって


 今日も仕事が終わって我が家でお袋が待っていました。母は透析の日でしたので、やっぱり疲れていた様ですが、「透析は大変よ〜」と良いながら腕を見せて来ました。痣(あざ)が残るだけに痛々しい感じもします。とりあえず、夕食を食べてホッと一息しました。今日は仕事場でのお話しもしてみましょう。

 今日の仕事は新たに別ユニットで、業務を始めました。いつもいる持ち場とは違うだけに解らない事もありますが、つい聴かなくても良い事まで聴いてしまう事が、同じ職員に「聴くまでの事では・・・」と一言。言われてみれば確かにその通りではありますが、ちょいと自分中的には言い方も少々きついかなぁ〜と思ったりもしたけど、一理あるのでお腹に落としつつ考えながら業務を最低限遂行しようと頑張っています。(もっと頑張らなきゃと言い聞かせる自分)午後16時にはまた違うユニットで業務をこなす事になり、違った視点からまず何から始めようかと考えます。高齢者施設では、最低限の排泄介助や食事の準備など身のまわりの全般の環境を自分なりに整えなくてはいけないその為にもどうしたら良いか、常々考えますが、行動に移して前へ進めていこうと頑張っています。人手が足りないこともありますが、それが故に益々頑張らなくてはという意気込みだけは忘れないつもりです。(自分なりに)夕食になり、介助を行いみんなで頂きます。みんながしっかりと御飯を食べてくれると嬉しいし、自立してくれたら尚嬉しいと思い今日はみんな自立で食べて頂けて、介助している入苑者も口に入れさせてくれました。嬉しい限りです。心して介助に当たれば何処か交差点で必ず伝わる事も一つくらいあるはずだと思っている。たとえ認知症があったとしても心と感情のある人間なのですから・・・。なによりも忘れてはならないのは命を預かっているという事です。を運転していて友人を乗せていたら、友人の命を預かっているのと同じで、仕事も人の命を預かっているです。仕事も終わりに近づき、就寝介助就寝介助も終わって、記録を書いて夜勤者への申し送り漏れが無いか、再三の確かめをしていた。私が記録を書きながらも入苑者は動いたり、声を出して呼んだりする中でも対応は欠かせない。そんな私を見ていた夜勤者は、「元気だねぇ〜」と話し掛けてくれました。私自身、元気なのは、入苑者からもある意味頂いている様に思うし、共に働くみんな良い方々ばかりで有り難いのです。直属の上司であるリーダーも間違った所はしっかりと注意して下さり、教えてくれるのです。だからこそ、私はここで頑張りたいずーっと頑張りたいこの職場を良くしたいと思うのです。今は自分でもまだまだですが、自分なりに把握しながらもっと納得の行く仕事が出来るまで頑張りたいと思っています。これからも頑張らなきゃ

づま〜っと一日が過ぎました。

暑いし、疲れたぁ〜
 今日の一日は、仕事の毎日。でも、今日はの連続でした。おかげさまでズボンの裾も腕から袖まで良い具合に濡れちゃいました。今日は仕事帰りで濡れた方も多いのではないでしょうか。私が勤める特養(特別養護老人ホーム)はユニットケアタイプです。トイレ介助で一番暑かったです。何故なら、換気口が一つですが、外に繋がる窓などは全くありませんから、中で入苑者とケアワーカーが居るだけに暑くて、蒸すのです。お風呂介助にもほとんど当たって言いましたので、そこではそこで暑かったです。しかし、入苑者の皆様の笑顔やオーラに頑張る気を頂くので、もっと頑張りたいと思っている次第なのです。

めっちゃくっちゃ暑かったよ〜

7d2f95c9.jpg

最高37.9℃の気温で猛暑


 今日は、暑いという言葉が絶えない真夏日でした。私の地元千葉県市原市では、最高気温37.9℃の猛暑だった。日中はこんなに気温が上昇するのは、正しく夏だぁ〜と感じました夕方には、千葉の北よりに濃い雨雲が停滞しながら時より雨が降ったり、が鳴ったりと梅雨明けのような感じもあったが、もう梅雨明けはしているので、活発な天気の変化だったのでしょうか。

 外へ外出された方や仕事やスポーツをしていた方や高齢者・子ども等々熱中症や日射病といった症状により、倒れる方や救急車でへ運ばれた人もいたようです。外へ行ってもそういった防止策として水分補給も欠かさずにしていきたいですね。皆さんも外出の祭はくれぐれも気を付けて下さいね

暑さ吹き飛ばす熱気!!

947af9b6.jpg

稲毛浅間神社大祭へ行って来ました


 今日は、千葉市稲毛区にある稲毛浅間神社にて夏の大祭が行われ、昼と夜に分けてお祭りに行って来ましたこの神社は再建40周年を迎える稲毛浅間神社大祭は恒例行事として行われているそうです。この大祭で初のバンド奉納が行われました。富士山をまつる神社は88年の創建以来で、約1200年の歴史を誇る由緒ある神社としている。バンド奉納の他にも伝統神楽奉納が午後1時より行われ、約30万人の賑わいを見せた大祭でした。

 夏期大祭は千葉市民花火大会・市原市民花火大会へ遊びに行く予定です。

☆〜こん**は〜☆

1d091367.jpg

仕事は良い


 皆さん〜こん☆★は〜今日もお疲れしゃんといった所でお仕事も無事に終わるが、今日は思った様に終われず、居残りをしてしまった最後の後始末もしっかりしなくてはいけないし、明日は別のユニットでお仕事をする。いつもいるユニットではなく、お隣のユニットですが、入苑者はタイプが違って目の離せない方々ばかりなので、細心の注意をしながら神経を張り巡らさなければならない。だけど、この仕事をして思った事は、入苑者の笑顔や顔の表情で支えられている。また、入職してから本当に良い仲間や先輩方に恵まれた事が何よりも嬉しい事です。みんなの表情を見て、元気な顔が一番である。どんなに大変でも入苑者は見ているなぁ〜と感じる想いです。『いつもありがとうねぇ〜』と行って貰えるとかえって申し訳ない反面こちらこそありがとう〜である。あぁ〜明日に向けて頑張ろう今日は職場6階から見える景色を御覧下さい

ぶっ飛びヅマット!

1a28453d.jpg

栃木県から帰省


 皆さん、こん★☆は 今月、7日夜〜9日の午後18時迄栃木県小山市へ行って参りました。私は、無事に帰ってくる予定だったのですが、帰省の途中でハプニングが起きた。それは、JR東京駅〜京葉線(車両)・外房線経由快速上総一ノ宮行きに乗って、蘇我駅で内房線経由各駅停車君津行きに乗り継ぐ予定で早く帰れるはずだったが、乗ってきた京葉線の車内網棚にリュックを乗せたまま電車は行ってしまい、私は内房線浜野駅で途中下車をしました。浜野駅でリュックを京葉線の車内に忘れてしまった事情を説明し、紛失届けを出した。紛失届けでは、リュックの中に野菜も入っており、他に何が入っているかを事細かく説明した後、浜野駅〜上総一ノ宮へで連絡され、終点に着くのは21時59分で車内点検で荷物の有無について判明するのが、22時20分以降との事で私はひとまずへ帰った。その後24分にがあり、荷物は見つかったとの事だったので、翌日取りに伺うと伝えた。所が今日になって仕事が終わり、茂原駅へ取りに行った。えっ何故?茂原駅かというと早朝4時に電車が茂原駅へ行くので、茂原駅にて預かる事になっていたからです。しかし、取りに伺うと茂原駅の若い駅員が野菜について破棄した事を告げられた。私は何故?という疑問が頭に立った。何故捨てたのか訪ねると、生物は取り置きは出来ないとの返答に私は、日曜日に忘れた当日に届け出を出した時にはそんな話しは聞いてないので、てっきりある物だと思っていたのですが、いきなりの破棄した発言にびっくりもし破棄するならば、に電話連絡をするのが、筋だと思ったので駅員に問いただした。また、翌日に取りに行くことは連絡されていなかった事が発覚した為、責任追及論に至った。浜野駅がしっかりと伝えなかったのか、一宮駅〜茂原駅への伝達が伝わらなかったのか、捨てた茂原駅が責任を負うのか、責任追及にあやふやな返答と謝罪だったがそれでは済む問題ではないと指摘。JR東日本社への報知も辞さない考えで示すと、2・3日待って返事をするとの回答だった。私は、必ず責任の果たし方について必ず明らかにするよう言及し、一旦幕引きするはずだったが、茂原駅ホームにあがった時の事だった。ホームにて構内放送で呼ばれた為、駅改札口へ行くと助役が「ありました」と片手に野菜の入った袋を持って現れた。私はあってほっとしたが、見つかったのはしっかりと確認もしないで破棄したという対応に改めて言及。問いただすと駅事務員の交替制勤務により、引き継ぎが上手く出来ていない為、冷蔵庫横にあった事に気付けなかったとの事でした。私は一旦探す事などや引き継ぎがしっかり取れていなかった事が今回の問題にもなったし、私自身も忘れてしまった事も不注意だったと思い、反省する。しかし、JR東日本社が御客様対応についての評価や、体制などについて改めて見直すとともに問われる場にあるのではないかと思います。

福祉関係の一日

51adbbd7.jpg

民間力を活かす!!


 皆さん、こん**は。ヅマットこと上妻です。7月になってもう夏といった月でもありますが、私の暑さは仕事です。仕事は介護の仕事を千葉市内で勤務しているという事で、前回も紹介しておりますが、外気の暑さは室内でも伝わって来ます。さて、私が勤務する施設では沢山の利用者[入苑者]がいらっしゃいますし、その上で職員もいますが、高齢化社会から高齢社会になった今だからこそ、介護をする人が、将来的に減るのではないかと厚生労働省も懸念しています。また、小泉政権5年間で年金受給率が減らされ、納付率や税金・保険料の引き上げで国民への生活の質が落ち、打撃を与えています。まず、触れたのは介護サービスを提供する上での環境に着目してみたいと思います。私の勤める施設では、職員の中でも人員の不足も環境の中でささやかれているが、それはどの施設(特別養護老人ホーム・老人保健施設)でもあるのですが、そこで施設への「地域交流ボランティア活動」を募って、話し相手やマジックショーのイベントなど催し物などを提供して頂き、介護する側、される側とボランティアの三位一体の軸を創る環境が流行しています。そして、職員の中からもそうしたボランティア活動をして頂ける方をどう募ったら良いかについてお話しもありました。私は、7月1日土曜日に千葉市ボランティアセンターにお世話になっている担当の方とお会いして、御相談させて頂きました。そうした所、高齢者施設へのボランティア活動をしている団体を御紹介して頂いたり、募集要項に関する書類などの手続きを説明してもらいました。

 翌3日月曜日、職場へ報告させて頂き、前向きな検討をして頂きました。結果、ボランティア協力を必要とするものとしたお話しを頂き、今後の手続きに前進していく事となりました。私は、今回こうした施設でボランティア活動を採り入れた環境について色んな意味で考える事が多いです。もちろん、ブラス+マイナス−面でも考えると出てきますが、何よりも+プラスになる事が多いです。+プラスを見ていく事で変わるものと思います。先ず、ボランティア−介護する側−される側の三位一体の利点は、高齢者施設と県内及び市内における地域交流を図ると言う事です。施設には「地域交流推進室」を設けており、円滑な利用も必要。また、高齢者施設をよく理解して頂く交流を機に環境を良くするという事は介護環境正常化を進めるという事。施設関係者だけでなく外部からの協力により、身近な家庭から得る空調も採り入れられる可能性がある。高齢者への趣味や娯楽にも繋がる事も可能性としてある。それを上手く活かすのが民間力なのではないでしょうか。国や行政などでは、民間に出来る事は民間に任せるという考え方が流行しています。私も平成16年4月から1年間程ですが、民間推進委員として市原市長佐久間隆義氏より委嘱を受けて、「不法投棄監視委員」を努めて参りました。市職員だけでは視野が限られているし、民間の場合、一般の市民が行政との違う考え方がそこにあるのです。新しい風を吹かす事で、環境は変わります。そこに関わる者だけでなく、一人一人が地域一体となって福祉も環境も全てにおいて良くして行く必要があると思っています。

近況報告

フェリーチェタイムの活動自粛へ


 フレンドリーサークルフェリーチェタイム代表の上妻氏は、次の理由において活動を休会し、自粛する事とします。皆さんこん**は私の近況報告と致しましては、最近介護福祉士の国家資格取得を目指して常日頃の学問に励んでおりますが、当サークルの活動について今後の目標課題である資格取得へ向けて集中していきたいと思い、活動を休会する意向と致しました。サークル仲間の皆さんはイベント発信において様々な場所でイベントに参加されるたり、有志での懇親会などに御参加頂いている様ですが、今後も引き続き交流の輪を結んで参りましょう。

今日から7月に〜暑い夏〜3

環境も変わる第二関門


 今日から7月になりましたぁ〜というのも最近は蒸し暑さが続いていますねもぽつぽつにわか雨が降ったり、止んだりでしたがが汗ばむ陽気でした。さて、7月といえば今日からたばこの値上げがスタートしました。20円〜30円の値上げということもあり、昨夜迄にたばこの買い溜めをしていた消費者をコンビニで見かけました。私は、の値上げについては賛成です。というのは、この値上げには厚生労働省も一部絡んでいる。健康の事を考え、吸い過ぎるヘビースモーカーが少しでも減ればという狙っているかの様な考えもある様です。また、スペースも増やしていく様です。たばこの煙には害があるということもあり、生まれてくる子供にも影響は出てくる可能性もあります。そうしたことでも健康第一です。愛煙家がまた減るなぁ…(@_@) 厚生労働省への評価ではもし、健康を促す目的でタバコの増税が絡んでいるならば一定の評価はできるが、高齢者医療改革法には、評価はできないというよりも納得がいかない。

脱自民党


 郵政民営化法案が参議院で否決されてから衆院選で圧倒的な大勝を収めた自民党を思い出してみてください。あれから自民党小泉政権5年以上の長期政権として記録更新したがこれまでの自民党政権では国民に負担を強いられる国民保険料値上げや高齢者医療改革法案では、子供からお年寄りの方まで負担増は極めて国民にとって苦しい物です。もっと身近なことに目を向ければ、千葉県議会で議論されていた「障害者の差別をなくす運動」で、大会派自民党千葉県議会は反対否決をして、継続審議に追い込んだが、その後も否決すること固めたことで、千葉県知事は条文を取り下げる事を30日に記者会見で明らかにした。今日の新聞にも掲載されており、何のための福祉なのか、解らなくなりました。さて、国民にとって優しい政治は、もはや存在しないものではと思っています。だからこそ来年夏に行われる参院選で自民党をぶっ壊すのは自民党総裁ではなく、国民であるということを考えて欲しい。私は、一度政権交代をして、政界環境正常化した方が良いと考えます。また、数には勝てないというのも数が多ければ多いほど自民公明の与党政権は国民に負担を強いられるような政治が加速してしまうのではと恐れるものもあります。また、自民党税政調査会は増税を検討しているが来年夏に行われる参院選に影響が及ぶといけないので、見送り継続審議としている。参院選でもし、自民党が圧勝した場合は増税にしていく方向で検討されるのだろう・・・・。

プロフィール
みんなの声
QRコードでアクセス
QRコード
ヅマットな歩み
キューピークッキング
  • ライブドアブログ