千葉県介護支援専門員 こうづま 和弘@ヅマット NEWS

★千葉県介護支援専門員 上妻 和弘Webサイト☆ すべての命に希望ある未来を!人と自然に優しい明日へ

2006年04月

  こうづま 和弘ホームページへようこそ! 
 目指すべき志がある!福祉の道一筋!一直線!!私たちの責任!明日への責任! 
    人と自然に優しい貢献! 命を大切にする未来へ
千葉県介護支援専門員・介護福祉士・介護事務技能管理士  こうづま 和弘

今日の一日を終えて5

0de827c5.jpg

◆我が家の草取りで庭がすっきり!


 今日は我が家の庭に生い茂った草が沢山生えていたので、草取りをしました。 普段はあまりしない草取りを何故?するようになったのか? それは、友達と市内を出掛けている際に花市場が市原市八幡にあり、お客さんも多くて安いお花がいっぱい並んでいました。野菜の苗も2個で100円で安く、トマト、きゅうり、なすの苗を買ってきた。また、母には退院も兼ねてバラやベリーフラワーをプレゼントをして、喜んでくれた。 庭の草取りをした事で、庭がものすごく広くなってさっぱりした感じです草取り中は根が地中の奥深く根付いていたので、取るのに苦労したり、虫が湧いていたりと大変だったけど、終わってみればほっとしました。草を取った後は、買ってきた野菜の苗を植える為に土を耕したり、生ごみ肥料を混ぜてから野菜の苗を植えました。また、以前貰ってきた花の種を蒔いた。(アサガオ・コスモスなどです)仕上げに水をまいて芽が出る事を期待しながら、楽しみにしたいと思います。母は庭がきれいになった事で喜んでくれた。  これからは母と一緒に水をあげて行きたいと思います。終わったなぁと思っていると、犬の散歩をしていた近所の方が声を掛けてきました。「若いのにやるねぇ〜何植えたの?」と聞いて来たので、「トマトなどを植えました」と応えた。近所の方とガーデニングの話しに弾んだ。生ごみコンポストを勧めたりもして、生ごみ減量の関心もあったようで、「家でもやってみようかなぁ〜」と話していてやり方をちょっと説明しました。これで減量に役立つと良いなぁ

フレンドリ−サ−クル〜Felice Time〜

◆迫る総会!


 今月日に予定されているフェリーチェ総会を前にこれまでの活動を振り返る私の今日の想いを語ります。フェリーチェタイムが設立されたのは、昨年の月に九十九里浜片貝海岸での焼きはまぐりツアー第弾でしたが、今月の日はその第である。私は今までに様々なボランティア活動などをして参りました。    その中で、「ウィズエブリワン」や「ジュイールクラブ」などでジャンルも同じ活動に変わりはないし、どこにでも存在する団体である。しかし、エブリワンは派閥などの数で固まる集団から活動のマンネリ化してしまい、参加者の高年齢化。

 ジュイールクラブは当初の設立から運営スタッフリーダーが変わった事で、会全体の仲間意識や活動傾向が右肩下がり。又、運営を支えるリーダーが某短大講師だが、障害者の研究に利用し、論文の成果にあげたり、団体経費着服などの問題は浮き彫りになり空中分解し、活動はなくなった。私は当時引退した物の残された仲間は最後の後始末が出来なかったことから、経費着服に及んだのか?それは解らない。

 様々な活動に偏りがちであったり、リーダーが主導権を握った事の変な勘違いから生まれる問題からせっかく参加してくれた方々の楽しみや気持ちも無駄にしてしまう事はあってはならないし、参加者全員が共に創るサークルであり、活動を共にしていかなければと考える。

 フェリーチェは仲間全員が友達から親友へ広がる輪の友好を大切に出来るサークルを目指していく!そして、意見の一つ一つをこまめに取り上げ反映して行かせるサークルとして前進する。楽しみは一人一人の個性豊かな分野から活かされていくことと思います。組織の構成についても派閥を生まず、偏らない為にもリーダーや運営スタッフも派閥などに適さない極自然体の豊かな人が構成されてきました。どんな問題のも適材適所に対応し、仲間全員で話し合える仲間創りを目指して今後も活動して参ります。

KKNニュース

1f89544b.jpg

◆就活について


 今日午後、帝京大学市原病院へ行って母がお世話になった医師や看護師長らに就活についての動向を話した。 看護師長から紹介して貰った医療派遣会社に問い合わせた結果について報告。

 それについて帝京大学病院への働きたいという志望動機を熱弁し、働けるまでに時間が掛かりそう。帝京医大は良い看護師や医師に囲まれた環境の中で働きたいという想いや母がサポートして下さった方々に今度は自分がサポートしたいという想いもある。また、介護の経験を踏まえて技術を活かすと共に将来には介護福祉士をとって一役になりたいという想いを話した。 今後、医療派遣会社からの連絡を待ちながら介護職のパートで生計を立てたいと思っている。

帝京大学市原病院でお世話になった看護師の皆様の仕事ぶりを特別に撮らせて頂きました優しい看護師の皆様でした

 

☆ヅマットニュース☆

3c397ca9.jpg

 ◆母、今日退院。 


  いつもプログを見て下さっている皆様に感謝申し上げます。本日を持ちまして、母(昭子)は帝京大学市原病院を退院致しました事をここに御報告致します。母は、今回糖尿病による腎不全により増悪した影響により、入院をしました。そして、人工透析をするべくシャント造設術という手術を終えて、透析が週3日において行っています。 

 今回の退院での様子は自宅に帰って落ち着いている様子でした。    又、室内はきれいに整理整頓をしまして、新鮮な環境として迎える事も出来、見る物全てが新しく思えたようです。私は、今後も母に尽くせなかった分親孝行に励んで参りたいと思います。

 今後もヅマットニュースを通して日々の生活や情報をお伝え出来ればと思いますので、宜しく御願い申し上げます。

 ◆就職活動の動向は?


 これまでの就職活動では、面接を受けさせて頂きましたが、惜しくも不採用という結果でした。これまでになぜ、不採用となったのかを原因究明して参りました。今回、母の入院しておりました病院にて看護助手若しくは、メッセンジャーとしての求人があったのですが、聞く所によると1人採用が決まっていた様でした。しかし、話しをした所経験もあるだけでなく、この病院への想いがあり、ここで働きたいという想いが強くなっていました。当病院では、看護士や看護師長や医師らが、私の就職活動について心配して下さり、親身に相談に載って下さりました。

 また、「当病院で働いたら良いのに」という声を掛けて下さりました。  介護技術を医療への一役として頑張りたいという想いです。

 明日、人工透析の為、当病院へ。

外交での収穫

17db2062.jpg

 ◆昨日のアピール効果の収穫は?
 昨日行われた、 国際交流協会主催の国際交流バスツアー(館山市)でフェリーチェタイムの活動も含めた交流アピールをしました。 先ず、自分を含めて参加者40名で海外(タイ・中国・米国・フィリピン)の参加や親子連れや年輩の方々の参加も多かった。  今回の参加者の中には、様々な意見があって意見交歓というか意見討論みたいな感じでした。というのは、フェリーチェタイムは当初会費や定款や収支決算や予算案などは今の段階では設けない事を考えていた。

 参加者の日本国籍の地元市原在住の50代の男性はNPO法人の取得についての話しをされ、その中での意見としては「会費の負担を設けるべきでは」という意見を聞いて、私は「いずれにしても設けなくてはいけない時もある」とした上で、意見を頂いた事に柔軟な検討も視野に入れる事を示唆した。

 また、意見をくれた方にも私は、「出来立てほやほやのサークルです。フレンドリーサークルという新しい形を是非参加して頂き共に創っていきたい」とアピールしてきました。そうした中で、中国籍の夫婦も「是非参加して出来たらと思っていますので、宜しく御願いします」という声を頂き、収穫の手応えを感じました。

 写真は、里見八犬伝をもとにした鎧甲で特殊な厚紙で出来ているとの事で、本物の甲に見えるくらい驚きました。もっとも軽い鎧甲であるがゆえに装着しても疲れないのが良い。               この鎧甲の武者の様にたくましい組織で仲間創りをしようと心引き締めるものを感じた一日でした。

明日への動向3

 ◆国際交流バスツアーにてアピールへ
 明日(24日)に行われる市原市国際交流協会主催の国際交流バスツアーへ参加する事となった。 今回のバスツアーは春の南房総へ苺狩りと里見八犬伝の里を訪ねるツアーで自然と歴史を触れての交流となる。
 苺狩りではJA農協館山にて苺の食べ放題。また館山中央公民館で里見八犬伝の語り部による紙芝居とお話しを鑑賞した後、館山城をお膝元昼食を摂りながら、交流を深める。昼食後は博物館で八犬伝にちなんだ展示物を見て聞いて歴史体験をする一日。
 今回の募集として「広報いちはら」にも幅広い募集をしており、定員人数を超えていた為、参加の予定は無かったのですが、参加都合に合わない方などが出てきたことにより、補欠参加として人権国際交流課は参加をするよう決めた。前回の国際交流バスツアーでは南房パラダイス(通称:ナンパラ)で行われ、参加していた。
 フェリーチェタイムの呼び掛けは、前回からも行っており4月9日日曜日に行ったお花見交流会に海外の方が参加してくれました。  今回も岩澤代表を先導にサークルの活動や5月に行われる総会に過半数を超える参加目標に更なるアピールをすることとしています。
 明日もどんな交流が待っているか楽しみです。

昨日の一日3

◎昨日は午前中に仕事の面接の為、千葉市内で面接を受けさせて頂きました。
 私は、すごく緊張しながらも自分なりに素直になって面接に行こうという想いでした。また、母が今は入院しているけど、一緒に暮す事で母に良い報告をしてあげたいということにも必死でしたから、素直に正直に話すということに専念をした。そして、この介護の仕事は一生続けていきたいと思っています。

初めての釈明。1

◎ジュイール問題に初の釈明をした。
 今日、行われたフェリーチェタイムのお花見交流会で参加者の中で旧ジュイールに活動をしていた方々の中でジュイールは活動しなくなったことに疑問の声が上がり、私は初の釈明をしました。
 問題について私は、サークル内で起きた問題でサークルメンバーが話し合わなくなり、気持ちがバラバラになり空転し、消滅したことが大きいとした。
 また、ジュイール問題についての当事者の誰が悪いというよりも全体責任が目立ったとして関わった私も責任はあるという事で陳謝した。 しかしながらジュイール問題について初の釈明をした後、謝罪したのは私と若干1名程だけに、謝罪した人はいない。
 私は、当サークルとしてもジュイールや他団体での活動に際して問題が起きたらみんなで話し合える仲間創りを一生懸命していこうと話して結束力を高めた。
プロフィール
みんなの声
QRコードでアクセス
QRコード
ヅマットな歩み
キューピークッキング
  • ライブドアブログ