千葉県介護支援専門員 こうづま 和弘@ヅマット NEWS

★千葉県介護支援専門員 上妻 和弘Webサイト☆ すべての命に希望ある未来を!人と自然に優しい明日へ

  こうづま 和弘ホームページへようこそ! 
 目指すべき志がある!福祉の道一筋!一直線!!私たちの責任!明日への責任! 
    人と自然に優しい貢献! 命を大切にする未来へ
千葉県介護支援専門員・介護福祉士・介護事務技能管理士  こうづま 和弘

民進党代表選挙告示されたことについて

     民進党代表選挙は前原氏・枝野氏一騎打ち〜こうづま和弘です☆彡
 民進党の蓮舫代表が辞任に伴う、代表選挙が告示されました。
立候補を届け出たのは、二人の候補者です。
9289166c4ed4cb7b2d1dce429541946f_tn608
・前原誠司衆議院議員
・枝野幸男衆議院議員

以上、二人による一騎打ちとなります。
二人の候補者にとっての違いが鮮明に出たところについて
届け出順に立候補の決意を述べた後、記者団からの質問を受けて、それぞれが対立軸を鮮明にしたところとして、憲法改正・野党共闘・消費増税・日本ファーストとの連携について等々の質問に対して、それぞれが答えた違いを挙げてみました。
(1)野党共闘について
前原氏:理念・政策が合わないところで協力せず、合うところとは幅広く協力していく。 4党の協力して取り組んできた重みを受け止めながら、是非を見直していく。
枝野氏:できるところできないところを明確にし、メリハリをつけていく。 自民党の暴走を止めて欲しいということは同じですが、それぞれの党との間着地点を最大限見出していく姿勢を明らかにしています。
(2)原発ゼロ
枝野氏:原発ゼロについて課題に向き合い、工程表を示して、ゼロを目指していきたい。
前原氏:2030年代に原発ゼロとして掲げた中で、原発のない社会を目指していきたい。
(3)憲法改正
枝野氏:憲法改正すべきではない。
前原氏:安倍政権での憲法改正に反対。党の中で議論が必要である。
(4)消費増税
枝野氏:法人税を引き下げておいて、増税について国民からの理解は得られないことから現段階では上げられないと考えています。
前原氏:2段階に分けて増税して、教育・子育て・医療・年金・介護・福祉恒久財源を担保する。介護の待遇改善をあげています。財源が必要であり、議論が必要である。
(5)日本ファーストとの連携はあるのか
枝野氏:連携することはない。
前原氏:小池知事に対して、一定の評価させて頂く。政策が明らかにされていませんが、すべての勢力と理念政策が一致するところで判断させて頂く。
幾つかの質問に対して答えられていました。
 答弁の中である程度の違いがあるものの見え辛い部分もあると思います。
幾つかの答弁を聞いている中で、私が感じていることについて挙げたいと思います。
先ず、野党共闘については、一致できる点での協力は惜しむことなく、安倍政権への歯止めを掛ける役割としても受け皿になれるよう頑張ってほしいと思います。
原発については、原発に頼らない社会への実現が求められています。
RSCN2553チバでも
それぞれ原発をなくしていくという点では一致しているようですが、どのくらいの計画期間によって原発を廃止していくのか工程表をはっきり示していくことが必要だと思います。
 憲法改正については議論が必要ですが、改正すべきことではないと思います。
消費増税については引き上げは反対ですし、先ず無駄をなくす取り組み【事業仕分け】と見直す姿勢が必要であり、必要な財源がどれくらいなのか課題をしっかり掴んで、明確にすることが先決だと思います。日本ファーストとの連携については、政策や理念が掲げられていない以上、連携はあり得ないし、着地点をそれぞれの政党間で見出そうとする姿勢がないのであれば、連携する必要はないと思います。
それぞれの政策や理念を聞いたばかりなので、何とも言えませんが、どちらかというと枝野幸男候補者の考え方としては近いのかなぁ〜と思っています。
FSCN1888枝野幸男候補者と当時、JR津田沼駅にてお会いしました。どちらも切磋琢磨しながら、民進党が目指す方向性というものを国民や党員サポーターや地方議員などに明らかにしてほしいと思います。

残暑お見舞い申し上げます

      残暑お見舞い申し上げます〜こうづま和弘です☆彡
 8月7日の立秋を過ぎても暑い日が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか。
地区の盆踊り大会又は納涼祭・検見川神社の例祭・第43回生実町花火大会など夏の風物詩を楽しむことのできる夏を過ごすことができました。
段々、地区のお祭りも終盤を迎えつつありますが、まだ幾つかのお祭りも予定されているので、顔を見せていきながら、地区の皆さんと交流することが出来ればと思っております。
IMG_-m2vrqhIMG_-2kqrc5
第43回生実町花火大会では、雨に見舞われながらも小雨になり、待ち望んでいた皆さんの想いが通じたのではないかと思います。
  来年も夏の風物詩に期待していきたいと思います。
体調にはくれぐれもお気をつけください。

ご意見を受け止めるだけでない答弁

      市民からのご意見を頂きました〜こうづま和弘です☆彡
  市民からご意見を頂くことも活動の中で、よくあることですが、いつもよりも熱烈なご意見を頂いたなぁ〜と思いつつも振り返ると幾つか思う点もある。
  市民からご意見は…
・小中学校にエアコンを設置すべきで、校長室にだけ何故、エアコンがあるのか、扇風機で十分じゃないか
・京成大森台駅にエレベーター設置すべき
・千葉市にカジノはいらない
・敬老祝い金で年齢を定めるのはどうかと思う

幾つかのご意見を頂きました。
  千葉市長選挙でもエアコン設置については、共産党系の主張でも訴えていた。
エアコン設置については、設置する費用が莫大に掛かるのは当然だし、どこから予算を持ってくるのか具体的な議論も必要になってくると思います。
  千葉市内の小中学校は、沢山あるので、設置するには順序があると思います。
   京成大森台駅のエレベーター設置については、某県議会議員も取り上げている案件ですが、京成電鉄との協議が必要になると思います。
  駅によっては、階段脇に車椅子一台分が乗るリフトが付いているところもあるようです。 エレベーターが必要なのは解りますが、前向きな議論なくしてはただの要望だけに過ぎません。何故必要なのか、エアコンもエレベーターも設置する上での前向きな議論や知恵を出し合うことが大事だと思います。
  千葉市にカジノを誘致しようとしているようなご意見がありましたが、千葉市はカジノ誘致を推進している訳ではありません。
  市長選挙でも持ち上がったことですが、誤解も生じているようです。
カジノ誘致が確定した訳でもないし、計画上にあがったということは聞いていませんが、賛成も反対もどちらにしても議論が必要だと思います。
  敬老祝い金について、僕が思うのは、祝い金を贈与される側にとっては嬉しいのかも知れませんが、貰って使えば一時的な嬉しさで終わってしまうような気がします。
  大事なことは、高齢者の皆さんお一人お一人が健康でいつまでも元気で居られることではないでしょうか。
 敬老祝い金に予算を確保することよりも必要な医療サービスや福祉サービスを受けられるよう予算を確保することが大事だと思います。
  努力も重ねながらいつまでも健康で元気に長生きした人にちょっとしたお祝いも嬉しいし、長生きして良かったと実感してもらえるような敬老祝い金だったら良いなぁって思います。 どのご意見も大事なことですが、裏付けられた前向きな議論が必要なものばかりですが、ご意見を受け止めながらもしっかりと答えることの大切さを感じました。
  ご意見を受け止めてばかりでなく、頂いたご意見に対して返答していくことで、誠意が伝わってくれたらなぁ〜と思いました。
IMG_z3839g夕方は町内の盆踊り大会へ行ってきます。

老人ホームの選び方特集掲載されている

      老後のこと考えていますか?こうづま和弘です☆彡
  ダイヤモンド社が発行している雑誌『ダイヤモンドQ』2014年11月号を読んでいました。 老人ホームランキング2571社が掲載されていますが、本の内容で最も大事なことが沢山掲載されています。
IMG_-rea4wv
  掲載されている内容では、
・介護のイロハ
・施設選びの基本
・有料老人ホームランキング
   等々が掲載されています。

また、介護だけでなく、子育て分野にも触れているこの雑誌では、
・失敗しない保育園選び にも掲載されています。
いつ介護が必要になるかわからないので、こうした雑誌を見ながら、介護に備えるということも大事だと思いますし、介護支援専門員としてこうした本を読みながら、情報収集して置くことも介護を必要としている人への支援に備えるためにも参考になります。
  子育てについて、保育園に預けて共働きする世帯も多い中、保育士の待遇が低いことで、保育士不足や保育園が少なくて入れない子ども達もいます。
 保育園に入れない子ども達を待機児童と言って、老人施設に入れない高齢者を待機高齢者と言われています。
  介護も保育もそれぞれ、抱えている問題は深刻ですが、いざ、家族がお世話になる側としては、こうした情報を収集する上で、この雑誌を読んでおきたいものです。
  介護支援専門員として、より詳しい知識も求められますが、情報を発信する引き出しも必要になってきます。まだ、読み途中なので、この雑誌を読みながら、参考にしていきたいと思います

盆踊りに行ってきました☆彡

      地元の盆踊り大会へ〜こうづま和弘です☆彡
  8月はまさに盆踊り又は納涼祭のシーズンです☆彡
 お盆休みに帰省してきている親戚も盆踊りや納涼祭に顔を出して、再会できる場にもなっている。昨年も遊びに行かせて頂いたお祭りに出会った方との再会もあれば、地元の町内会の皆さんと再会すると何だか嬉しいものです。
IMG_-klkgkIMG_s9baj5
太鼓を叩く子ども達も昔は小さかったのに今では逞(たくま)しくなって、元気に叩いている姿や数年前まで叩いていた子ども達もいつの間にか大きくなってすっかり大人になっていて、驚かされています。あっという間ですね。
  焼きそばを買おうと思ったら、長蛇の列が出来ていました。
すると有難くも町内会の自治会長さんから『食べるかい?』と言って、焼きそばを頂くこともあり、本当に感謝感激です
  来年もまた、遊びに来たいと思います。他の地区で行われている納涼祭にも行かせて頂き、またまた、再会する機会を頂きました☆彡
プロフィール
みんなの声
QRコードでアクセス
QRコード
ヅマットな歩み
キューピークッキング
  • ライブドアブログ