千葉県介護支援専門員 こうづま 和弘@ヅマット NEWS

★千葉県介護支援専門員 上妻 和弘Webサイト☆ すべての命に希望ある未来を!人と自然に優しい明日へ

  こうづま 和弘ホームページへようこそ! 
 目指すべき志がある!福祉の道一筋!一直線!!私たちの責任!明日への責任! 
    人と自然に優しい貢献! 命を大切にする未来へ
千葉県介護支援専門員・介護福祉士・介護事務技能管理士  こうづま 和弘

高齢者虐待について

          皆さん、こん☆★わぁ〜こうづま 和弘です
   厚生労働省は、高齢者虐待の防止に関する調査を公表しました。
今回の調査で明らかにしたのは、同居する家族や親族などからの虐待されている事案や通報されてくる件数や実際に民生委員やデイサービス・訪問介護などの在宅系事業者からの相談件数を含めた件数を明らかにしています。
  身内による虐待を受けている件数は、平成24年度=1万5202件平成25年度=1万5731件平成26年度=1万5739件平成27年度=1万5976件平成28年度=1万6384件と軒並み増えているのが現状です。
  相談や通報による件数は、平成24年度=2万3843件平成25年度=2万5310件平成26年度=2万5791件平成27年度=2万6688件平成28年度=2万7940件とこちらも増加しています。
  相談や通報件数は、今後虐待の危険性や恐れのある事案がほとんどで、通報などから虐待されている実態が明らかとなり、保護する対応処置を施した自治体もあります。
  地域包括支援センターへ相談したり、通報したなどの関係者で最も多かったのは、介護支援専門員29.5%でした。次いで警察へ通報し、対応した事案でも21.1%で、他民生委員からの通報等が挙げられています。  家族や親族については相談に行った事案として9.1%でした。
 何故、こうした虐待が起きるのか…その要因として、最も多かったのが家族介護に疲れて殴ってしまったという虐待が27.4%でした。
  介護する家族に障がいや疾病を持つ人からの虐待でも21.3%で、経済的困窮者による虐14.8%でした。
img090
  身内による介護がストレスの要因となって暴力的な行動に出てしまったり、介護を放棄するネグレクトに至ってしまうことに繋がっています。
  こうしたことが起きないようにするために必要なことは、家族介護で抱えている介護の悩みを親身に聞いてくれる場所が必要です。
  そうした場所となっているのが認知症カフェです。
専門家を交えながらも家族介護している世帯が集まり、介護をしていての大変さや困った体験などを話すことができます。
  認知症カフェの開催場所については、自治体のホームページに公開されていたり、地域包括支援センターが情報を持っているので、是非活用して欲しいと思います。
  また地域ぐるみも大切になってきますし、地域の声かけや認知症カフェに誘って一緒に行って見るというのも手段の一つです。
  高齢者だけでなく、大人から子どもや障がいを持つ人への虐待を減らしていけるように私たち一人ひとりが意識を持つことが大切です。
  地域を見渡してみて、解ることもあるので、助け合いや支え合う社会づくりとしても見渡してみてはいかがでしょうか。

〇活について

       皆さん、おはようございますこうづま和弘です
   今日のヅマットニュースは、〇活についてです。
 私は、毎週木曜日は朝活に行ける日に合わせて行かせてもらっています。
FB_IMG_1527685356551FB_IMG_1528203678835
様々なテーマで、お話しをしながらみんなで共有する上で学ぶこともあり、楽しいひとときを過ごさせていただいています。朝活モ二スタホームページ
 明日は、千葉中央駅前にあるジョナサンで開催しています。
是非、足を運んでみてはいかがでしょうか。
  〇活には様々な〇活があります。
◆こんな〇活があります。
などが挙げられますが、他にもあなたならではの〇活がありますよね。
  私も最近は、とある〇活に一生懸命頑張っているものもあります。
あなたが今、一番当てはまる〇活はなんですか
 〇活で笑顔にそして、未来へつなぐ有意義な〇活にしていきたいですね

土台となって支え合う

   介護支援専門員として、毎日奮闘しています。
  事務所で作業している最中、地域包括支援センターから新規の受け入れ依頼の電話が入ります。もちろん、引き受けさせて頂いております。
  夫婦でこれまで普通に暮らしてきたけど、ある日を突然、認知症になってしまった。
まさか自分がそうなるなんて思いも寄らなかったということがあります。
 明日は我が身、いつどこでそうなるかは誰も予想は出来ません。
地域包括支援センターからの依頼では、大半が要支援の方が多いかと思います。  認知症の初期症状で診断された方がほとんどだと思いますが、認知症と診断されてしまうことで、ご本人だけでなく、ご家族も同じようにショックを受けてしまうこともあります。
  何より困るのは、これからの生活です。どうやって暮らしていけば良いのか、途方に暮れるご家族もいます。
 そうなる前に地域包括支援センターへ介護保険でサービスを受けるにはどうしたら良いのか、相談に訪れるご家族がいます。
   今回、地域包括支援センターへ相談に訪れたことから居宅介護支援事業所へケアマネージャーを探して依頼されます。
IMG_a31vzc
  今回引き受けさせて頂きましたが、困っている人もこれからの人生も安心して住み慣れた地域でご家族と在宅で暮らせるように支援することこそ、責任ある役割を担います。
  ご本人だけでなく、ご家族も共に支えられるよう精一杯頑張ります。

プロフィール

ヅマット

上妻 和弘【こうづま かずひろ】
ペンネーム:ヅマット・カズ・ヒロ・ヅマちゃん
生年月日:1983年3月千葉県市原市生まれ
元市原市不法投棄監視委員(2期)いちはら八幡宿コミュニティー代表
いちはら市民ネットワークで5年間活動し、内1年間運営委員として携りました。
橋本勉前衆議院議員秘書を経て三井みわこ千葉市議会議員(中央区選出)後援会青年部長。
介護事務技能管理士を取得【2013年】
介護福祉士国家資格取得【2016年】
介護支援専門員実務研修受講試験に合格!!
家族構成:一人暮らしで亀2匹と暮らす。
趣味:切手硬貨紙幣の収集・散歩・ペットを飼う・ボランティア活動!今では、ボランティアから市民活動へ
 詳しくは『ヅマ〜ットなプロフィール体験記』にクリック☆  
☆誰もが安心に支えて暮らせる社会へ全力投球☆
活動域は:市原市・千葉市を中心とする県内外の活動地域

みんなの声
QRコードでアクセス
QRコード
ヅマットな歩み
キューピークッキング
  • ライブドアブログ